2013/02/12

箱根外輪山(金時山~明神ヶ岳~明星ヶ岳)

『さあ、ぴよこさんは今週はどこへ歩きに行ったのかな?』


な~んて、アップを楽しみにしてくれてる方なんていらっしゃるでしょうか。
お菓子屋さんのブログなはずなのに、お菓子が無くてごめんなさい。
しばらく首に負担のかかるお菓子作りはお休みしています。

ですが、
年始の頃に比べて、痛みがだいぶん軽くなってきましたので、
ハイキングから運動は再開しています。
3連休の最終日だった昨日一人で行ってきたのは箱根の外輪山
先週の沼津があまりに遠かったのでもう少し近場
トレイルなら葉山でもいいじゃんと思われるかもですが、
そこは気分転換も兼ねるので、遠くの知らない山がよいのです


朝6:39のバスで葉山大道から逗子へ
   ↓
JR横須賀線で大船へ
   ↓
JR東海道線で小田原へ(1時間で到着、近い!)
   ↓
8:10発の桃源台行きの箱根登山バスに乗車

途中で地図を確認したら、桃源台行きに乗るけど、仙石原で下車しないといけないのね。
バス停を三つ過ぎて気が付いて急いで降りる。
歩いて戻ってもそんなに距離じゃないよと運転手さんに言われて
そのまま戻り、金時山の登山口の一つ、乙女口までテクテクテクテク歩く。
一人で行く時、あまりきちんと下調べをしない私。
だもんだから、なにかしらあるね。
   ↓
9:33 金時山登山開始

とってもよい天気でーす。
金時山登山口の方には車がたくさんとまっていましたが、
こちら乙女口には人いない~
乙女峠を越えてまずは長尾山、金時山へ向かいまっす。
kintoki1_convert_20130212152800.jpg

途中はところどころ霜柱や雪が残っています。
kinotoki2_convert_20130212152832.jpgkintoki3_convert_20130212153418.jpg
歩けば汗ばむ暖かさでどんどん登り、
あっという間に金時山山頂1213m到着。
kintoki4_convert_20130212153439.jpg

途中降りて来る登山客はほぼ全員アイゼンをはいており、かなりドキドキしたのですが、
トレイルシューズは案外グリップが効き、自分はのぼりだったのも助けになりここは無事に通過。

さて、今回の金時山は1つ目の山に過ぎません。
この後、明神ヶ岳、明星ヶ岳と2山登ります。
このコース、2年前に初めて本格的なトレランにつれてきてもらった思い出の場所。
その時は塔ノ沢から入って逆コースを走り、
金時山はその中間地点でした。
今回は半分の地点から逆周り、箱根湯本方面へ歩くコース取りにしました。
走るんではなくて、あくまで歩きです。

さあ、先は長いので、トイレだけ済ませて先を急ぎます。

kintoki5_convert_20130212153515.jpg
これから歩く尾根道がずっと続いているのが見えます。
芦ノ湖のまわりをぐるりと囲んでいる箱根外輪山の東側が今回のコース。

ここから明神ヶ岳まで、、、、

結構長かった!!


お昼ごはんをそこで食べようと歩きながら考えていたのですが、
なかなか着かないの。
ちょっと先にある、雪がうっすら積もったなんだか大きく見える山、もしかしてあれか?!
遠い~~~
途中はこんな完全な雪道になっちゃうし。
kintoki8_convert_20130212153652.jpg
ここにまでの道が、とけた霜柱で信じがたいほど道がどろどろずるずるにぬかるんでおり、
シューズがすっかり濡れてしまっていたんです。
最初この画像撮った時は楽しかったのだけど、ダンダン寒くなって、足が冷たくなってきて、
すっかり雪山仕様の明神ヶ岳山頂に13時頃ようやく着いた時、
ちょっと途中でやめたくなった
だって、ものすごく寒かったんだも~ン。
寒くて寒くておにぎり2個、すごいスピードで口に押し込んでさっさとスタートした!!
冬の箱根は寒さが厳しい。あまり考えていませんでした。
ちゃんとフリースも着ていっていてよかったです。

ここから次の山まではだんだん寒さが和らいで来て、
お腹に食べ物を入れたせいか少し元気になって、またずんずん!
ただ、お天気はすっかり下り坂、お天道様は姿を隠してしまわれました。
途中ちらちら雪も降る~
金時山には登山客がたーーーくさんいましたが、
その先は本当にほとんど人に会いません。
一人の時は、もうちょっと人とすれ違いたいなあ。ちょっと寂しい。


笹の尾根をいくつも越えて、明星ヶ岳に着きました。
この山はあまり山頂らしくなく、こんな祠が祭ってあるのみ。
kintoki7_convert_20130212153559.jpg
ここを過ぎたらあとはもう、塔ノ沢という箱根湯本の隣駅へ向かってどんどん下るのみ。
とはいえ、結構まだまだ距離はあり、時間はかかりました。
雪の無いところ、ぬかるんでいないところでは途中小走りも入れたりしながら
15:30頃に阿弥陀寺まで下って終了。
今回は約6時間のコースとなりました。
結構歩いた?
ずるずるぐちゃぐちゃ、雪あり~で結構負荷高かったかも。
2年前、こんなに走ったっけ?ってくらい半分なのに長く感じてしまいました。
またこのコースを走れるようになりたいわ~

塔ノ沢まで降りたら目に入ったのが
一の湯新館 日帰り温泉の文字
もちろんは立ち寄り湯

850円でタオルつき。
お湯場は小さいけれど、清潔でよかったですよ~
こーんなきったない靴でもフロントの方、いやな顔一つせず、ありがたかったです。
kintoki6_convert_20130212153715.jpg
阿弥陀寺入り口のすぐ下ですので、
今回のようなコース取りをした際の入浴にお勧め。




走るための足を一から作るという意味でも、
アップダウンのあるトレイルを速いスピードで長い時間を歩くのはとても有効。
少しづつ時間と距離を伸ばしています。

歩くことで、自分の足運びにクセがあることに気が付けたりも。

歩いた後の首からくる腕の痛み方が距離と時間を伸ばしているわりには
ひどくなっていないかも。
うれしいです。

今度はどこへいこうかな。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

すごいね

体調が少しずつ良くなっているみたいだね(*´∀`*)
ハイキングは、一人でいってるの?
山道怖くないの(´゚д゚`)
ブログの内容から、楽しんでるのがわかるよ。
私には無理だけど(^_^;)
無理しないで、早く良くなって、お菓子の写真UPしてね(・ω<)

天気が良くて良かったね~
箱根のような低い山でも冬山、
単独での入山は危ないかもね~
あんまり無理しちゃだめよ~

misyunさんへ

少しずつ少しずつ。ねんざや骨折みたいに着実に治っているという感覚が得られないのでもどかしいよ。一年とか半年かかったとかいう声もかなり聞くので、2ヶ月といわれたのは軽いほうかもしれない。でも、運動しちゃだめってーのはこの歳になるとすぐに肥満につながるからまずいまずい。
山道、ひやっとする瞬間、怖い瞬間も時にはあるけど、普段は怖くないよ。鈍感なのかもと思います。
それと、サッカーボールのケーキをリクエストしてくれていたのに作れなくってごめんね。またお菓子作れるようになったら何か送るからね。

カズインさんへ

ぽかぽか暖かい陽気のなか、自然に抱かれて歩いたり走ったりしている時間はうれしい時間。でも、危険ともすぐに隣り合わせなんだということをお山に少し諌められた気がします。気をつけますね。少しずつ山行きの装備を簡素ながらそろえていくのもまた楽しいです。昔買ったアイゼンが物置にあるかも。コンパスはやっぱりもっといた方がいいかな。カズさんが前に作っていた袖利用ゲーター私も作ろうかな。山岳地図を夜寝る前に眺めるのが楽しい。