2013/02/04

町子連のハイクラリーをやってきた

昨日は、町子連(葉山町子ども会連絡協議会の略)主催の里山ハイキングを引率してきました。

葉山町には現在16の子ども会があるのだけど、
現在は一色ときわ子ども会、若葉子ども会、上山口子ども会、木古庭子ども会の4単子のみが加入しています。

ここ数年の存続の危機を乗り越え、昨年からは有志で事務局を立ち上げてて運営しています。
私もメンバーでございます
葉山というホームグラウンドでもっともっと子ども達をあそばせたい。
そんな思いで歩く場所を考えます。

去年は私と犬の散歩コースでもある久留和グラウンドへみんなで行って、遊びました。
みんなの「こんな近くにこんな道、知らなかった~」な反応が楽しみな道を設定します。

今年は、同じく事務局メンバーで葉山を歩き回って田浦まで行っちゃうLieちゃんのお勧めで大楠山でいっ
でも、ただの大楠山ではないですよ~
去年ラン友いっちゃんに教えてもらって自分がびっくりした道もみんなにも教えちゃいました。

湘南国際村センター前バス停朝9:00に集合
    ↓
準備運動をしてから歩く。
元気がよい3年生の女の子達
螂ウ縺ョ蟄宣#_convert_20130204144200
大楠山武山ハイキングコース側展望台到着10:00
螻墓悍蜿ー荳祇convert_20130204144103
     ↓
フィールドで1時間あそぶ
おにごっこ、達磨さんが転んだ、秘密基地
縺翫↓縺斐▲縺点convert_20130204144132遘伜ッ・渕蝨ー(縺ェ縺趣シ・権鬥ャ・雲convert_20130204144711縺輔¥繧雲convert_20130204144651

     ↓
大楠山山頂へ移動してお弁当11:30~12:00
お弁当の後、各子ども会ごとに俳句を作って発表12:00~12:30
菫ウ蜿・縺ョ逋コ陦ィ_convert_20130204144756
この俳句は伊藤園のお~いお茶にちゃんと応募します。
去年は入選しなかったけど、今年のはどうかな。
かなりいいのができたと思うけど。
     ↓
午後のメインイベント、関口牧場まで下るよー12:30-14:30
このコースはハイキングコースではなくって長坂古道という道です。衣笠公園方面へ下りて行くと途中で折れる道があるんですよ。
縺上$縺」縺ヲ縺柔convert_20130204144852
子ども達はこんなジャングルチックな道が大好きです。
すべりそうになったり、後から来る仲間に小枝で矢印作ったりしながら
あっという間に駆け下りちゃった先頭集団です。
最後尾は弟や妹の2歳児、かなり到着時間に差がでてしまったけれど想定内。
小学生にはちょうどよいコースだったかなと思いますが、どうだったかな~
     ↓
この道は、南葉山霊園の上にポンと出ます。
だるまさんが転んだをしながらちびっ子の到着を待ち、
そのまま少し下ればお待ちかねの関口牧場です。
そこでみんなでソフトクリームを食べました。
繧ス繝輔ヨ_convert_20130204144836
寒いとの予報だったので食べれないかもと心配してましたが、
思いのほかぽかぽか陽気だったのでよかった。

国道134号方面へ向かって歩き、
佐島入り口というバス停から15:45のバスに乗って葉山へ戻りました。
みんな16:30にはそれぞれのおうちに帰れたと思います。
近いけど丸一日外で遊びました。

体力がすっかり落ちた私は、超々疲れました

去年が楽しかったから今年も来たよという子がいて
なにげにムフフ。うれしいのぉ~

また、来年ね。

こんな活動もしている町子連です。
町内会だけではない広がりで子どもを見守ることができます。
他の子ども会さんも入らないかなあ。
子ども会はちがうけど、同じ学校でみたことあるよ~、
小学校は違うけど、中学は一緒だね、なお友達と、とても楽しそうな子ども達です。

髮・粋蜀咏悄_convert_20130204144815
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ハイクラリー楽しそうですね! 親や学校では普段なかなか体験させてあげられない、本当に素敵な企画ですね、参加出来た子供達は幸せです! このような企画に労を費やして下さる大人がいるって、嬉しくなりますね、一緒に楽しんで、それも素敵です。子供の頃、自然を体で感じて大人になるって、すごく大切ですよね、これからも応援しています。お疲れ様でした!

ジェイママンさんへ

ジェイママンさん、いつもありがとうございます♪
得意なことを生かせる場所があるのは実は大人にとってもうれしいことですね。そして、子ども達がよろこんでくれたら本望ですi-237
子どもの時に色々な体験をして、とにかく体を動かすことが何よりも大切と聞きます。自分ひとりではこんなことできないけど、同じ思いで取り組む仲間がいることもラッキーです。一人で山へいくのとは全然違った疲れがあるけど、子ども達可愛いです。応援すごくうれしい、どうもありがとうございます。