2012/12/17

ロルフィング初体験・ティラミスロール

先日、ロルフィングを体験しました。
時々一緒に走ってくれる逗子のラン仲間のおうちに先生をお呼びしてのグループセッションでした。
ロルフィングって??
先生*高橋美穂子さんのHPがあったので興味のある方はそちらをどうぞ。

逕サ蜒・574_convert_20121217193846
逕サ蜒・573_convert_20121217193826

「身体構造をかたちづくっている「筋膜」(筋肉や骨を覆っているネットのようなもの)に働きかけ、地球の重力に対して無理のない、その人にとってより楽で自然な姿勢や動きへと、身体を整えていきます。」
(先生のHPから抜粋)

今回は骨盤の動きを知ることを通して無理の無い座り方、
その人にあった無理のない姿勢をみつけます。
無理の無い走りをつかみたい一心で参加

まずは少し歩いてみる。
前屈してみる。そこで力の抜き方を教わる。
そのあと、上の写真のように椅子に座ってみる。
骨盤には坐骨があって、これは座るために骨だから、
この上にきちんと座ると体の他の部分に無理な力が入らない。
綺麗で、楽な姿勢がとれます。

そして私は、なんと、
歩く時、足の指を全く使っていない
ということが判明。
指の感覚がほぼ皆無。
みんながのけぞって痛がる指圧が全く痛くないんです。
どうりで、去年足指を骨折したまま2週間も放って置けたわけです。
鈍感はある意味とても怖いものだそうです。

つまり、走る時にも足の指を使っていない!
つまり、けり出し0.

筋膜や骨をきちんと使えると、
余計な筋肉は落ち、つくべきところにつくそうな。
そういった意味でも、無駄な力みがなく体幹をきちんと使えるランナーは細いんですね。

自分のためにメモ
・いつもより小さめの歩幅で歩く。
・できるだけ多くの時間、足の指を触ってあげる、マッサージしてあげる。
 そうすると、感覚が戻ってきます。

走りが変わる?
それがとても楽しみです。
昨日の駅伝のスピード練習では違いを感じることはできなかったけど、、少しずつね。

さて、今回の参加メンバーの中に、
翌日お誕生日という人が2人いて、
ケーキのご依頼~
ティラミスとフルーツのロールケーキがお好きということで、
ティラミスロールを作ってみやした。

逕サ蜒・559_convert_20121217193723
スポンジにカフェシロップをたっぷり塗って、チーズクリームを巻く。
逕サ蜒・562_convert_20121217193800
上には生クリームとココア。

ビター&スィートな美味しいロー0ルケーキができました。
美味しかったので、1月のメニューに入れようかなと思ってます。お楽しみに
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント