2012/02/23

ポン菓子と入り大豆で素朴なお菓子

今日は逗子アリーナでちゃんとジャザしてきました
アリーナはちゃんとしたスタジオなので暖かいのはよいのだが、
前面に鏡がおいてあるのでどうしても自分の全身と向き合うことになってしまいます。
去年の11月に初フルを走ってから故障続きであまり走れず、
その状態のまま再び1月にフルを走ってしまい、
つらいだけでもうなんだか走るのが嫌になってました。
だから、当然太った
つらいね~鏡が!

でも、今週からまた走り始めました。
楽しく走ろう。
自分のペースで。
人と比べるのはやめよう。
人と比べちゃうのが私の悪いところ。
気持ちが切り替わったら、また走るの楽しくなった。
のんびりいくぞっと。


さてさて、
白詰め草を作るのに買った玄米ポン菓子が大袋だったのでたっくさん残っていました。

節分の入り大豆も。


で、アメリカのお菓子ライスクリスピーバーを作ろうと思い、
ネットでレシピを検索。

見つけたけれど、マシュマロを使うのね~

代わりに砂糖と水で飴を作って、レシピにあった通りにピーナツバターをあわせて
玄米ポン菓子+炒り大豆適量と混ぜた。

飴を絡めてバットに入れて固め、カットして雷おこし風になるはずだったのに、

こうなった。

P1010913_convert_20120223140250.jpg

固まらなかったというわけだよ。

でも、これ、あれに似てるじゃん、あれ。
黒糖胡桃とか、黒糖ピーナッツとか、
ざらざらした砂糖衣が付いてるのあるよね。
あれみたいになったのよね。
すごい美味しいんですけど。

タルトタタン姉妹の喜びがちょっとわかった感じ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント