2006/04/20

イチゴのシフォンケーキ (4/23追記)

私は元来タルトとかバターケーキとか食べごたえのあるケーキが好きなのだけど、
ホームメイドケーキの女王はやっぱりシフォンケーキかもしれません。
本当に家にある材料で作れちゃう。
小麦粉、卵、サラダ油、そして砂糖。
ここに好きな味をつければ無限のバリエーションが広がります。

普段のおやつにバクバク食べる時はそのまま手づかみでパクッ
ちょっとおめかしさせるならホイップクリームでデコレーション。

バターが入らないからカロリーが控えめなのもいいよね。

でも,,,もう少し油や卵を減らせないかな。失敗する確率を減らせないかな、、
て思いはじめてネットであれこれ検索するうち
しおますさんのシフォンケーキオンリーのブログに出会い、彼女が愛用している
小沢のり子さんのレシピにたどりつきました。
早速レシピ本を購入~
20060420095955.jpg

この中から今が旬のイチゴのシフォンケーキ』を焼いてみました。

卵,小麦粉の量が今までのレシピのだいたい80%で作ります。
そして,メレンゲの作り方,卵黄生地の作り方も全くちがっているので
かなりドキドキしながら、、、

オー! 焼けました!一晩冷蔵庫で生地をしめて型出し~
20060420100538.jpg
き・れ・い
早速カットしてみました。
20060420105225.jpg

OH NO!
なんだか中心の筒の周りだけ大きな穴になってしまっています。

なんで~

けど食べてみたらめちゃ美味しい
普通は水か牛乳を加えるのだけどこのレシピは代わりにフードプロセッサーで
ピューレにしたイチゴを使います。
ついでにイチゴのみじん切りも入れてあるので
kazuki曰く
「このシフォンなんだか甘酢っぱくってすごい美味しい」んだそうです。
とってもナチュラルな味です。
おかわりもパクパク。
上手に焼けたらおまけにピューレソースを表面にしみ込ませて
真っ赤なケーキになるはずだったので残ねーん。

今日もう一度チャレンジしてするよん。

しおますさんのブログはこちら→http://blog.drecom.jp/siomasu/

ジャジャーン
そして1日あけて再びチャレンジしました。

今度は成功~かな?
20060423220842.jpg

中心の筒周辺のはがれ(空洞)もなく、まずますの焼き上がり!
小沢レシピだと焼き縮みを最小限に押さえるために
焼き上がったら机に軽く打ち付けて中の熱い空気を抜くのですが、
前回これが強すぎてはがれた気がするので
今回おそるおそる少しだけトンとするだけにしました。

しおますさんには
メレンゲが残っていたのかもしれないとコメントいただいていたので
メレンゲと卵黄生地の混ぜには細心の注意を払ったつもり。

でも、油断禁物。
カットしてみるまで分らないのがシフォンなのだ。

今回はやっぱりイチゴのピューレソースを表面にしみ込ませて
ピンクのケーキにしてみました。
これは小沢レシピ本に載っていまして、私もはじめての体験です。
沸騰直前まで温めたイチゴのピューレを焼き上がったシフォンの表面に
塗ります。
冷たーく冷やして食べるとそれはそれは
爽やかなシフォンになるのだとか。

20060423234720.jpg

ホントにピンクのケーキになりました。
真っ赤にはならなかったわ。

20060423234911.jpg
カットしてみました。
ちょっと穴が多めに空いているのは,,多分メレンゲが混ぜきらないで
残っているところがあったのかな?

やっぱりしっとりぷわぷわほんのりイチゴの生地に
フレッシュイチゴピューレがしみ込んだところが
なんとも言えないはじめての感じ。

kazukiは断然ピューレでデコレーションした方がお気に入りで
食後に2切れ平らげました。

このシフォン、葉山芸術祭に作ってみる予定です。


クオカの材料で作る、私の手作り











スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

久々おじゃまします~♪
いつも美味しいあなたのシフォン。
食べて「クエッ!」って喉につまらないシフォンを食べたのはぴよこさんのが初めてよ。
いちごバージョンもよさげですね( ̄ー ̄)ニヤリ
今日久々幼稚園のHPなんぞのぞいてみましたら、
アッキー氏の写真を発見出来ました。
制服着てる~~~~!!って叫びそうになった(笑)かわゆい♪♪
昨日学校の懇談会の帰りに幼稚園を突っ切って帰ったのですが、我が息子が卒園しちゃって楽にはなりましたが、やっぱり寂しいものです。
え?もう産みませんから。(言われる前にお断り)

こんばんわ
ふんわりシフォンケーキ美味しそうですね。
イチゴの色が優しい感じで綺麗です。
フレッシュのイチゴを使ってるんですね。
最近生のイチゴを使った焼き菓子をよく見かけますが流行ってるのかなぁ~。
シフォンケーキは作るたびに違ったのが出来ちゃいます。練習しなくちゃ。

ぴよこさん、おはようございます。‘コメント&紹介’有難うございました。
ぴよこさんの焼かれるケーキ、どれもおいしそぉ~ですね!
シフォンケーキって魅力ありますよね。
私も小沢レシピを知ってからは、このレシピのとりこになってます♪
「筒の周りの件」についてのお返事で、もしまた何かありましたらいつでもいらしてくださいね!
私もまたお邪魔させていただきますね。

takumama-yukoさま

オー!!!久しぶりでーす。
ほとんど毎日幼稚園で会ってたのに今はお迎えに行っても会うことないんだよねえ。なんだかあの日々がまだ余韻で脳裏に残っていておかしなことにいない感じまだしてないです。まだ居る感じ!
takuちゃんが卒園してしまった今、yukoさんはやっぱ寂しいよね。
私も3年後に体験するのでしょう。
まあ、これからも上の子はずーーーーーっと一緒なので末永くよろしく!

シフォン、お褒めにあずかりかなり感激。
「クエッ」ってとこで笑った!!
つまるよねえ、軽いからついほおばっちゃうとつまるつまる。ほらっ、子供に隠れて食べてて見つかりそうになって一気に食べた時とかさ。そんなの私だけ?

今度のレシピだと、ほんとうにとろけそうなシフォンになるの。ふんわり美味ひ~シフォン目指して試行錯誤。
イチゴのシフォンは成功したら~
28日に出したいなって思ってます。

どんぐりさんへ

そうです,シフォンはほんと繊細ですよねえ。アメリカ生まれのケーキとは決して思えません。
どんぐりさんはこの小沢レシピを試したことありますか?
結構びっくりマジックシフォン~!
あまりぶわーって膨らませないから食べる時に焼き縮みの部分がほとんどないのです。全体がほぼ均一のあのフワフワしっとりジュワッとシフォンです。ギョエー

いちごの焼き菓子流行ってるんでしょうか、、今年はいちごが成り年とか?
他にどんないちごの焼き菓子がありましたか?作ってみたいな。安い今がチャーンス。

しおますさんへ

勝手にしおますさんの記事にトラックバックさせてしまってすみませんでした。
そして、質問に対してのとっても丁寧なお返事感謝です。今晩もう一度イチゴのシフォンチャレンジしてみます。
結果報告待っていて下さいね。

そして、しおますさんのオリジナルのアボカドシフォンを次に作ってみたいと思ってます。お兄ちゃんもアボカドが好きでよく買うのですが,食べる機会を逸しているのが時々冷蔵庫に鎮座しています。それを何か使えないかなあと思っていたところ。
私はプルーンかレモンピールを入れてみようと思ってます。
斬新なアイデアとチャレンジ精神でまた楽しい美味しいシフォンを楽しみにしてますね。

リベンジ、大成功!綺麗に焼けてますね!
私も‘ひな祭りシフォン’のときにいちごピューレで赤く染めましたが、見た目もかわいいシフォンですよね(OK!)
ところで、私の表現が悪かったみたいで・・・「メレンゲの泡が消える」と書いたのは、卵黄生地と混ぜ終わった全体の生地の中の‘泡’ということで・・・(もちろんメレンゲと卵黄生地を混ぜるときもしっかりと群なく混ぜることが成功への鍵ですが)。
いちごの水分で生地の泡が消えて、多少の空洞が出来てしまうのは避けられないようです。今回の出来は満点に近い良い出来ではないでしょうか・・・拍手ぅ~!

しおますさん、ホントに色々ありがとうございました。やっとピンクのケーキができました。なんだかアドバイスの取り違えをしていたみたいでおはずかしいばかりです.トホホ・・
ぶっつけ本番に近い状態で小沢レシピでのシフォンケーキで芸術祭の本番に挑みます.うまく行きますように!
また遊びに行きます。