2010/11/02

helloween

昨日は子ども会でハロウィーンのイベントでした。
毎年恒例になりつつあります。

配るお菓子が駄菓子ばかりで子供達が辟易するばかりなのが気になっており、
去年、自分が会長だった時になしにしようと思いました。
役員さんみんなで集まって、一旦はそう決まりました。
しかし、その会議に欠席していた役員さんから
「ハロウィーンはうちの子が一番楽しみにしている行事だし、
自分が出られなかった会議でその件を決定すると聞いていなかった
と後からクレーム。
実はときわ子ども会では、この行事は放課後にしており、
土日にやるイベントより出席率も高かったのです。
お菓子の内容も商店さんのお菓子を入れたり、手作りの協力もお願いしたりして
改善するということで結局やりました。
二人っきりの時に意見された時、
心の狭い私は、胸がキューーーーっと押しつぶされそうな気持ちにしかなりませんでした。
でも、よく考えれば、私も独りよがりになるところでした。
大勢の人と何かを一緒にやるということは、一人でやるのとは違って意見の食い違いもやり方の違いも
あったりでお互いに苦労します。
でも、一人でやるより大きなことができますよね。
そして、今年も昨日の放課後にありました。

子ども達、やっぱりとても楽しそうでしたね。
一回帰宅して、変装してもどってきたみんなのかわいかったこと。

私もクッキーを2つずつ60セットを寄付しました。
縺九⊂縺。繧・シ狙convert_20101102083249

かぼちゃのクッキーです。
私の作るかぼちゃのクッキーといえばこれ一辺倒なのだけど、
卵なしでさくさくとってもおいしいくって大大好きなクッキーです。

みんな食べてくれたかな。

縺九⊂縺。繧・シ胆convert_20101102083439
ヘタの部分はココア入りです。
ちょっとクラッカーのような食感です。
お砂糖は、120個全体に対して40gしか入れてません。
かぼちゃの甘みと塩のおいしさだけ。

これ、11月の開店でも出しますね。
是非食べてみてください

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ハロウィーンイベントがあるなんて素敵★
さすがオシャレだな、葉山。
仮装してお菓子がもらえる、ってハロウィンの存在を知った時は、
子供心に「外国はいいなー」と思った憶えがあります(笑)。


何事もいろんな意見が出てきますよね(^^;

でもねー、私がすごいなと思ったのは、
「駄菓子ばかりで子供達が辟易するばかり」と理由があってやめるとなってから、やっぱりやるとなった時に。
ちゃんと内容を改善して開催するってところに行き着いたって事ですよ。
仕方なくソコには目をつぶってそのままやっちゃえ~、じゃないところが。

・・・これから何かの時には見習おう


でもぴよこさんが胸がキューーーとなった気分、ものすっごくわかります!
なる、なる・・・。
私は怒られるのとかすっごいダメなので(極力、怒られないように生きてきたんで・笑)。
でも最近私、言うほうも「これを言うか言うまいか~、こういったら角がたつだろうな~」とかアレコレ神経使ったり苦悩したりしてるんだろうなと思うようになりました。
大人になっても、いろいろまだまだ精進する事あるんだな、と。

ハハハ、なんだかまたヘンな所に食いついちゃいましたけど(^^;)
どんどん話が「食」ではなくなっていく~

美味しそ!かぼちゃのクッキー!!私もときわ子ども会の子供になりたいって思っちゃった!!
駄菓子を喜ばなくなったね、最近の子供たちは。。我が子ども会もここ2,3年の悩みでございます。お菓子貰えなきゃハロウィンじゃないしね・・・量より質で行こうとなり、地元で買えるお化けパン等を盛り込んでなんとかやっているわよー!!お菓子のことで大人がこんなに悩んでるなんて子供たちは知る由もないよね~。

結さんへ

いやいや、全然おされじゃあないんだけどね、
そっちではないですか?
やっぱりハロウィンって子どものイベントだから、そんな世代が住んでいる地域でしかみられないかもです。

胸キューわかってくれる?
もうしゃべるにも胸が詰まって息ができなくってしゃべるのも大変だったから!私もほめられて育った口なんだな。。。少しは人間として進歩したいです。

shiho-nagi-mamaさんへ

かぼちゃのクッキー、食べてもらったことなかったかな?食感がこれまた面白いんだよ。クッキーという感じとはまた違うの。
駄菓子、、、きっと駄菓子屋さんで売っているようなのが色々色々入っていたらいいのだろうけど、駄菓子の種類も減ったような、、、、なんのイベントでも同じものが袋詰めになって渡されるものね。
お化けパン、かわいいねえ。どこで頼むの?今度教えてね。某ケーキ屋さんも去年かわいいお化けクッキーを作ってくれたよ。

イベントって、とっても楽しいけれど、裏方さんは本当に大変。やってみてわかるので、最近はイベントへ行くと、実行委員の方たちの苦労を想像してしまう自分がいます。