2009/03/28

シフォン色々試し焼き

今までも一進一退というか、牛歩というか、
なかなか安定して焼けなかった私のシフォンケーキ。
いよいよopenを決めたからには
それではまずいです。
Newオーブンでの焼成温度を決めて、
基本の配合も決めたく、
シフォンを焼くモードも入ってます。
(時々菜種油使用のパウンドにトライしたりしてるけど

色々比較するならばと何回かプレーンシフォンで。
でもどれも今一つコシがなかったり、やっぱり焼き縮んだり。
焼き縮むとフワフワ非常に軽い部分ともっちり目のつまった部分と差が大きくでるので
私はやっぱりあまり縮まないで欲しい。

プレーンシフォン焼き上がり

↑あまり縮まないでくれたけれど、
この表面の横割れは、メレンゲ立て過ぎです。

プレーンシフォンカット

カット面、まあまあ、、、かな。
むっちりしっとりして欲しくって、
小沢レシピのコーンスターチを薄力粉に替え、しかも全体の粉も10g増量したのですが、
なんだかもそもそした食感になてしまったような、、感じ。
むっちりはしてないです。


クリームとバナナを挟んで友達に食べてもらう~
2切れだけとっておいて、我が家でおやつにいただきました。
生クリームサンド

翌日も焼きました。

今度はコーンスターチを薄力粉に換えるだけにして、水分を10g増量。
でも、ココナッツパウダーとドライパインを投入、
ココパインシフォンにしてしまった。
ああ、、比較になんないよね。

しかも、焼成温度もいじりました。
splendorのぶーにゃんさんが、小沢先生のとことご自分のとこの
焼成温度を教えて下さったのですが、温度設定にかなり幅があるなと感じました。
だから、ちょっと自分のところもいじってみました。

<下火を上げて、上火を下げ、火力は極軟火

うれしいことに、これがもしかして吉とでた?かも、、、?
焼き縮まなかったよ~ん。
なんだか久しぶりにウキウキ気分、単純な私。
極軟火にしたのは、
長時間ゆっくりと火を通すパウンドケーキなどは極軟火で焼くとどこかで読んだから。

2台焼き上がり

奥がココパインシフォンで、手前は上の子に頼まれて焼いたチョコチップ入りシフォンです。

カット~ココパイン_convert_20090328103521
ピントが合ってない
これも半分我が家で食べましたが、美味しいよ。
ココナッツパウダーを入れちゃっての水分10gアップだから、
水分量と粉の量の比較にはなってないのでわからないけれど、
なんだか食感が今までと違う気がします。どんなと言えないんだけど、、
半分食べてくれた友人からは食感がかわってて美味しかったと電話がありました。

焼き縮みがなかったのは多分焼成温度の調整の結果と思います。
チョコチップも両方共メレンゲは立て過ぎ気味で
泡締もうまくいかず、つやつやメレンゲではなかったので、多分、温度。
温度が決まったのはうれしい気分は晴れ晴れ

食感が変わったのは水と粉と、あとはメレンゲ。
ここはまた試作&練習あるのみ。



チョコチップシフォンは1年間担任だったひとみ先生へ上の子からのプレゼント
でした。
「お母さん、先生、ケーキ食べたいって、シフォン焼いて!」
昨日学校で残務整理していた先生に聞いて来てようです。
「先生は若いからチョコチップ入りにしようか」
「うん、うん、それがいい!」
チョコチップシフォン
先生は去年福島から葉山に赴任してきた20歳代の若い先生です。
福島弁がのんびりした、
でも3年生の男の子達になめられることもなく
勉強はかなりきっちりと、
でも遊ぶ時は一緒に遊んでくれる
とてもいい先生でした。
家の都合でたったの1年間で福島へ戻ってしまう事になりました。
終業式の日はうちの子はたくさん泣きました。
昨日も一昨日も、
「お風呂に一人で入ってる時や、夜寝る前になると、涙が出ちゃうんだよ」
と毎日目をはらしています。
こんなに悲しい別れを経験した息子はきっとそれで何かを学んでいる、感じている事と思い、見守っています。

「先生はね、3年2組はすばらしいって他の先生から褒められるからほんとにうれしい」
ってよく言ってくれてたそうです。
そして、放課後に校庭で一緒に遊ぼうと声をかけると
必ず仕事の手を止め、うれしそうに出て来て一緒に遊んでくれたそうです。
若くしかも未婚の先生ですが、
母として子供との向き合い方の初心を思い出させてくれる先生でした。
故郷へ戻られてもお元気で。
息子は多分手紙を何度か出すでしょう。
大人になるまで手紙のやり取りができる関係になってくれたらいいなと願ってやみません。














スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ぴよこさ~ん、またブログが始まってうれしいよ~♪
開店にむけてのケーキの試作や準備、忙しいでしょう?
↓のパウンド、すごくきれいに膨らんでますね。
私のは何度作ってもきれいにふくらみません。
以前別立てで作ったときだけはすごいふくらみましたが。。。
腕とオーブンがいいと仕上がりも別物になっちゃうんですね。
シフォンもなんちゃんのシフォンを食べて以来、自分で作るのがとことん嫌になりました^^;
世の中すごい人っているもんですよね。
ぴよこさんのお菓子は以前から人気があるし、お店を開いたら毎日超忙しくなっちゃうと思いますよ!(断言!)
大変だけど、やりがいがありますよね。
がんばってくださいね~!応援してます!

ココパイン~

これ食べたいです。
ココナツって水分を吸うんでしたっけ?逆でしたっけ・・・?
何かそういう成分があったようなイメージがあるんですけど。
食感がかわってっていうのは美味しそう。


子供たちからも好かれていて、さらにぴよこさんたちお母さんにも信頼されるというのは本当にイイ先生ですねー
お若いというのは驚き!
年齢じゃなく、居るんですよね、そういう方。

見習おう・・・i-229

おひさしぶりです

こんばんは!
うわーー久々のぴよこさん!うれしーー!
工房楽しみですね~。
オーブンも癖をつかむまで大変そうだけどぴよこさんなら大丈夫!
○○○くんもう今度4年生なんですね~。早い~。もしかして弟くんは今年ご入学???
お互い良い出会いがいっぱいありますように!
(今日は!ばっかりです)

No title

ぴよこさん♪

ぴよこさんのブログ再開とっても嬉しいわ~v-344

日々研究!すばらしいわね。
私、ココパインシフォンがすーーっごく食べてみたいです。
断面たまらないです。おいしそう♪

チョコチップシフォン、きっと先生ものすごくうれしかったと思うよ。
みんなに愛された先生だったのね。
そういう先生って学生生活の中でも何回めぐり合えるかしら?って感じだと思うの。
この出会い大切にしたいよね。

merengeaiさんへ

わ~い、早速の訪問ありがとうございまーす。
この黒糖パウンド、まずは普通にジェノワーズ法で作りましたが、、、違ったみたいです、、、ねっi-229(ポリポリ)
作り方は基本通りで、焼き型が深めなので膨らみ方は正統派ですが、う~ん、なんだか柔らかくなかったです。
なんちゃんシフォン、私も食べてみたいなあ。
お菓子交換のこと、なんちゃんがブログですこし触れてくれているんだけど、交換してもらう勇気はでないよーーーi-182

それぞれが得意なお菓子があったらいいのだとは思うのです。izumiさんの菜種油のパウンドケーキや、砂糖少なめフワフワスポンジ、これらはizumiさんのオリジナルで、きっとだれにもまねのできないものなんだと思います。私もそんなお菓子がなにか一つでもあったら、、と思うのですが、、、、
私は色々作っちゃってだめです。
izumiさんも小粒さんも、なんちゃんも、ブログを通してお友達になってくれてるみんなみんな、尊敬できる人ばかりです。だからついつい、毎日みんなのところへ行っちゃうんですよね。

結さんへ

ココパインは結さんのツボな組み合わせですよね~
糠バーの時に揃えた素材がまだ冷蔵庫あり、その在庫整理に使ったため、またしてもの組み合わせになっちゃいました。
openに合わせて新鮮な材料を仕入れたいので今もってる材料でできるものしか作れないの、、、
でも、やっぱ王道な組み合わせだけあってうんまかったでーす。
食感がいつもとちがうのは、、水のせいなのか焼成時間のせいなのか、、メレンゲなのかグルテンなのか、その後もシフォン焼いてみてるんだけどどんどんわからなくなってきたぁぁぁv-12

ひとみ先生はほんとにほんとに優秀かつ、きっと人柄もいいのでしょうね。2年間神奈川の小学校で勤務してからいったん故郷に戻って2年、その後、希望が通って再び神奈川に赴任したけれど家庭の事情で1年間で故郷へ戻る事になったそうなんだけど、普通こんなに希望を聞いてもらえないんじゃないかと、、、
優秀な先生だからなんだなと今さらながら。

私からしたら結さんもお若いのになのよ~
私なんて、なにをしても
「いい歳して、、」だから自分がほとほと嫌になります。

マツモト キヨシさんへ

ワ~、また再会できてうれしいで~す。
お元気でしたか?
ネットなしの生活ものんびりしててよかったのですが、色々な意味で、そろそろないだめかなあと、、、i-179

オーブンはなかなか手強いですよ。
でも、きっと使いこなしたら一段上のお菓子がやけるんだろうなとワクワクもしてます。
今はもうワケわからなくなっていますがきっと!

そうです、下の子は4/6に入学式ですv-462
長かったなあ。やっとこ小学校だなあという思いですが、ここからはきっと早いのでしょうね。
一日一日を大切にしなくてはという今の気持ちを忘れないように日々を過ごしたいな。
お互い、素敵なこんにちは!>がたくさんありますようにe-266

k o j i k o さんへ

忙しい中、コメントを残してくれてどうもありがとうe-151
日々の研究、、、のようだけど、あまり効率よく学習ができていないような感じでもどかしいです。
むっちりさせるには粉を増やすのがいいかと思い、そうしてみるのですが、なんだかもそもそしてしまい、しっとりさが半減してしまうのです。これはシフォンとはいいがたいのが焼けている。こんなの人にあげちゃいけないと思いつつ、自分一人で食べるわけにもいかずにあげちゃう毎日、もらってくれるみんなに感謝です。
記事を読み返せば、ココパインは粉は増やさず水だけ増やしてるね、、、

今日もう一度この割合で焼いてみよう。

kojikoさんのブログも楽しみにしているので、
またパン教室の記事など、余裕ができたらアップしてくださいね。kojikoさんのパン、目で食べるの~
ではでは。