2008/03/31

ラ・ファミーユ 受講して来ました

うっふっふ 
うぉほっほっ 

とうとう、わたくし、初のお教室に行って参りましてよ。
どうしても小沢シフォンの焼き縮みを克服できず、
意を決して池袋のシフォン専門店ラ・ファミーユ
まずはプレーンシフォンを教えていただく入門コースを受講、
小沢先生に教わってきました~~~

意を決したというより、行きたくなったという表現の方が正しいかな。
そういう時って行き時ですよね。
今まではいやいや、本とDVDでなんとかしてみせると思っていましたが

無理でした。(ガックシ)

正午12時からのレッスン、昼食を食べるタイミングがないわと
思いつつも空腹のままお店へ到着。
今回の参加者は私の他に4名、合計5名でした。
まずは先生から基本の作り方の説明、そして
すばらしかったのが先生がシフォンをつくられることになったいきさつや出会いの他に、
シフォンケーキの材料がどのように反応、仕事をしあってシフォンケーキ
できあがるのかなど、とても理論的なお話
その後先生の実演があり、
そのあと各自1台ずつ17cmのプレーンシフォンを実習しました。


焼て冷ましている間にお店のシフォンケーキをいただきましたが
こんなに!?
って程いただきました。
まず出してくださったのはケーキ2

プレーンシフォンにホイップクリーム&ベリー
シフォンは薄くカットしていただくのが美味しい食べ方。
シフォンの絹のような食感が生きます。

そしてしばらくしたら今度はババ~ン

ケーキ1

昼食を食べて来なくて本当によかった。
紅茶、ココア、そして苺。
紅茶の香り高さはブログ上で聞き知っておりましたが本当に美味しい。
ココアもなんてキメが細かいの!
苺は文句なしにフル~ティ~
やっぱりフルーツ入りのシフォンは焼き菓子とは思えないジューシーさです。

実はこのあと、さらにカボチャと桜、シュークリームまでいただきました。
こんな楽しみもあったのでした。


で、話を戻しまして、結局わかったのは、

・私のメレンゲは立て過ぎであった。
・私のは泡締でのつもりが締まるではなく、泡立ってしまっていた。
・私のは合わせが足りない。

泡立ではどのくらいがちょうどよいのか、
泡が締まっている状態とはどのような様子なのか、
合わせはどのくらいやればよいのか、
全て卵、気温、様々な環境によって変わってくるに加えて、
目でみてわかるこのではないので
手の感触等を自分の使う機械や材料に合わせて経験で体得して行くしかない
のだと教えられました。
今回も5人が5人、違った焼き上がりになりましたが、
先生はどれがよい状態であるとはおっしゃいませんでした。
自分が美味しいと思うシフォン、
自分が作りたいシフォンにどうやったらなるのか、
それは自分で試行錯誤して自分でデータをとって探して行くのが
一番の近道であると。
ただ、他の人の作り方と自分のとの違いを確認するということは
とても大切であるとおっしゃってました。

やっぱりそうなんだ、、、、

なんでもかんでもできなくってもいいんじゃない?!
自分の得意なもの、これなら任せてというお菓子が1つ、2つあれば!
そんなにたくさんの種類を追求していくなんてできないでしょ。と。
その通りです。

まずは今日、1台焼いてみました。




20cmを焼くことが普段は多いので
データもこの大きさでとっていくことにしました。
必ずフレイバーの入ったシフォンしか焼かない私ですが、
プレーンです。
メレンゲの泡立て時間を計測しながら作ってみました。
焼き上がったものは今冷ましていま~す。
なので、その間に一昨日お店で焼いてきたもの(実は昨日は日帰りスキーへ行ってたので今日は焼き上がり二日後)
を手出ししてみまーす。

17cmシフォン1

メレンゲが立て過ぎていると表面が割れるそうで、
その通りになっております
それでも焼き面ふっくらなのは期待通りで超うれしい。

2


そして手出しOKではありましたが、穴が目立ちます。
これは合わせが足りないからです。
カットしたものも同じくです。
3カット

試食で出していただいたものを比較すると大いにキメが粗いですね。
でもね、味は美味しい~
口触りもやわらかしっとりで理想的。

注意点に留意してお店のようなシフォンが自宅でもできれば万々歳なのですが、
果たして20cmの焼き上がりはいかに。

よい材料があなたのケーキの味を変えます。お菓子材料の店「クオカ」

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

シフォンケーキ、奥が深いのですね。
立てすぎちゃダメって聞いてても、ついついメレンゲ立てすぎちゃいます。
膨らまないよりいいやなんて調子で・・。

いけないのですね。

シフォン、私は型からはずすのも苦手です。
シフォンナイフを使ってもグサグサさしちゃいます。

これだけはってのが一つあるっていいですよね。

私もコレだけは目をつむってもおいしくできる!!なんてものを習得したいものです。

シフォンのコツまたUPして下さい。

おーー、ついに「教室」に足を踏み入れたのですねー。
お昼を食べなくて正解のシフォン教室、シュークリームもちょっと羨ましい…(笑)。

ぴよこさんの中で「わかった」事があったんですね。
それってすごい。やっぱり行った甲斐がありますね!
最近、家でお菓子やパンを作るようになってから、
”人はどう作っていてどういうのが出来ているんだろう?”って興味が湧くようになりました。
人それぞれ好みも目指している出来上がりも違ったりするんだろうな~

何かひとつ・・・、最近私も模索していまーす。

いいなあ

あ、行かれたんですね。
私は近いんだけど、まだ行ったこと無いんです。
メレンゲ立てすぎてもダメなんだあ。
やっぱり、本だけじゃ分からないですね。
どの写真もおいしそう~。
きめは粗くても良いって、イルプルでは言ってた気がします。
味のコントラストが出るとか何とか。
でも、やっぱりきめがきれいだと嬉しいよね。
シフォン、スランプですが、そろそろ作ろうかな。。。

おぉ~!おぉ~!いかれましたね!

詳細の記事や画像などを拝見して、充実されてらしたご様子、何よりですぅ~v-411

私も「泡立て&泡締め」は、何度受講しても
手直しをいただき、
普段徐々に自己流になっていく手技をリセット、
原点に戻ったりしています。

毎回が「アドバイス&学び」のひとときで、
ぴよこさんのこのような詳しい受講報告に
私も読んでいて、楽しくなりましたi-176
早速の復習、焼き面も穏やか・綺麗で
ふんわり感が伝わってきましたv-218

すごい!フットワークの軽さはさすがぴよこさん。
私も昨日小沢先生レシピ(日曜日図書館で借りたの)でサクラシフォンを焼きました。
高さがでなかったです。ぐすん。
てはずしは何回かチャレンジしたのですが、私にはパレットナイフのほうが性にあってます。

お近くでないのが残念ですが、ぴよこさんの素敵なお菓子眼福です♪

とうとう、行って来たんだね♪
念願の小沢シフォンの教室。難しいことは分からないけど、姐さんのシフォンへの情熱の深さを改めて感じたよぉ。。

で、昨日焼くって言ってたのもシフォンだったのかな??? 
今までも十分美味しかったのだけど、さらにパワーUPするThree-o'clockのシフォン、16日のお店で出会えるのを楽しみにしちゃお♪d(´∀`)b♪

すごい(^-^)
ぴよこさんは勉強熱心ですね~。
やはりプロの世界なんですね~。
きめの細かさがすばらしいですね。

ってことは私も立てすぎなのかしら?
これは1回きりのスクールですか?

やはり勉強って大事ですね。
私も近かったら行ってみたいけど、ここからじゃ無理そう!
またレポ待っています。

ってことは。。。

スクールに入ったのですね。ってことはさらにおいしいケーキが食べられる~v-398さて私は見逃さなかった、日帰りでスキーの文字を・・・どこに、いずこに行かれたのかしら?今シーズンはスキー付いてますねe-221

ぴよこさんような
プロ並の方でもお勉強に
いかれるのですね~
結構いい値の
お教室だったようですが
でもすごく
身になられたようで 値段じゃないですよね。


シフォンは奥が深いようですね。
泡立てすぎてもいけないとか難しいのですね。。
でもでもきっとぴよこさんなら
美味しくこれから出来そうですねv-22

vanillaさんへ

vanillaさんも確か、、小沢レシピで焼かれてましたっけね。ちがいましたっけ?!

小沢シフォンは、奥が深いというよりも、
BPなしで水分が多いでしょ、卵と水と油と粉が化学反応してるって感じなので
状況が少しでも違うとちがう反応をするというような具合で、、微妙なんでしょうね。私には本当に迷宮です。

でもね、手出しは一度できちゃうとほら、側面が破けてしまうことがあまりないのでいいですよ~

そして、シフォンのコツ、vanillaさん、これは私も教えて欲しい=~
なんとか自分のやり方が見えて来たらまたアップしますね~

結さんへ

ハ~イ、やrっと行ってきました!
行きたくなったから行ってきたよ~ん。

そして、『わかったこと』、それは、自分で何遍でも焼いて感覚を自分でつかみなさいでしたv-406
でもね、自分だけでやっていてもわからないことが、人と比較することによって見えたりすることもあるんだね。
それはよい経験でした。

結さんの何か、一つってなんだろうね。
人がどう作っているのかに興味が湧いている今の結さんが何を体得するか私も楽しみだよ^^

kotubutubuさんへ

とうとう行ってきました。
小沢シフォンを焼きはじめて2年くらいでしょうか、、本で頑張って来たけれど、やっぱ泡締、メレンゲの立て具合、合わせ具合は実演を見ないとわからないねぇ~
みてもわかんないって話も、、、

キメの粗さややわらかさ、コシの有無は本当に好みなので、自分がどういうシフォンを食べたいか、究極はこれでしょ!
なにが正しいとか、正しくないとかはないんだよね、きっと。

シフォン、失敗するから作りたくなかったけど、シフォンって私の周りのお友達は作るととても喜んでくれるので美味しいしっとりふんわりしたのをやっぱり焼きたいです。
kotubuさん、がんばろね~スランプ脱出したいね~

しおますさんへ

やだ~
しおますさん、早速記事中の文章を手直ししましたが、
最後の焼き面ふっくらシフォンの画像は教室で焼いてきたものでーす。
自分でそのあと復習で焼いたものは、、、
やっぱり焼き縮みましたv-12
もう、なんでだか全然わかんないよ。
教室では普段と同じように作って、途中先生が手直ししてくださるでしょ、
なので今度は自分で気が付いたことに留意しながら普段どおりに作ったつもりなのに同じような焼き面にならないんだよね。もう嫌!!って言いたくなっちゃうよ~~~~

でも教室はすごく楽しかった!
しおますさんが何度も出かけられるのがよくわかりましたよんi-189
いつかご一緒させてくださいね。

マツモト キヨシさんへ

イヤ、イヤ、重い腰をやっと上げたといったところです。フットワーク、昔程軽くないかも~

桜シフォン、お店のをいただきましたが美味しいねi-194
マツモト キヨシさんの、高さが出なかったということだけれど、それでも美味しかったのではない?
この季節だけのシフォンでそそられるんだけど、
桜の花が高価なのでなかなか買えません。
お菓子も季節感があるのがやっぱり好きです。

手はずし、苦手ですか?
私は最近やっと手で外せるようになりました。これはちょっと嬉しいです。

あとね、私の焼くお菓子ってあまり華がないでしょう。
それなのに眼福だなんて言ってもらえて光栄です。
いつも見に来てくださってどうもありがと~

とうとう、ぴよこさんも、小沢先生の教室に行かれたんですね~。何かしらの手ごたえがあってよかったですね♪

私も教室を受講してから、毎日シフォンを焼いて、半年程したら、やっと納得のシフォンが焼けるようになりました。
でも、未だに底上げなどの失敗は経験します。それだけシフォンは、難しいケーキなんですね。
私も、また行きたくなっちゃった♪

dunjumへ

うん、とうとう行って来たよ~
情熱というのかなあ、やっぱりみんなに美味しいシフォンを食べて欲しいし、何遍やっても納得いくものが焼けないのが悔しくって。

教室へ行っても結局打ちのめされて帰って来たのだけど、でもなんだかがぜんやる気が出てね、復習でもう3台焼いたよ。そのうち試食をお願いね~

H+plusさんへ

そんなこと全然ないのです。
結構ちゃらんぽらんで勉強熱心なんではありません。ただ、、、どうしてもできなくってギブアップしちゃったの。
教えてくださ~いって。
そしたら自分で苦労しなさい、私もそうして今のレシピにたどりついたのだからって教えられましたi-238はい。
なのでこれから結構シフォン焼きまくることになりそうよ。
美味しいシフォン、自分が自信を持って食べてもらえるシフォンを焼きたいの。

この教室ですが、単発なのですよ。
基本を受講し終わったら次から具入りのシフォンを実習形式で習えます。
またしばらくしたらいきたいなと思ってます。
H+plusさんはそうですね、ちょっといやかなり遠いかな。
でも泊まりでこちらへいらっしゃる機会がもしあったら
半日寄られてもいいかも、、よ。

いいですね、うらやましぃ♪
でも記事にいっぱいヒントがのってあってすごくうれしいです。
次のシフォン記事がアップされるのもすんごい楽しみです~~~~~
私手はずしって苦手です。
特に20cmの型は底が深いので超苦手。
17cmのだったらなんとかね、できたんですが・・・・・
上面だけ手はずしでごまかしてま~す

shiho-nagi-mamaさんへ

そうなの、シフォンの先生のところへとうとう行って参りましたv-237
スキーのスクールと同様にとっても学ぶところ多かったです。
私のシフォンが美味しくなるかどうかは私の努力次第なので頑張りますね。
こちらもスキーと一緒ね。

うっふっふ~
そして、さすがは今シーズン2回一緒に滑りに行ってるshiho-nagi-mamaさんだけに気が付かれましたね、(  )の中に!
今回も<草津>の近所の<パルコール嬬恋>です。先週も子供のリフト券500円に幼児が無料、お弁当持参の下道で行ってきましたのでお安く~
もうシーズンも終わりなので、来シーズン、また一緒に行きましょうね。
スキー板をとうとう買ってしまい、スキーヤーになったぴよこでしたv-398

ココアさんへ

レッスン料は確かにケーキ教室としては高いのだと思います。
でも内容は大充実でしたよ~i-264
何より先生ご本人とお店の厨房で一緒にシフォンを作るというシチュエーションがすばらしいなあと思ったのですが、、
なにせ初のお菓子の教室だったもので、他と比較があまりできないのですけどね。

小沢シフォン、難しいです。
多分、お店のようなのを目指すから難しいのでしょうね。アメリカでは主婦が日常的に作っているケーキなんだそうですもの。
なんとか早くコツがつかみたいです。
ココアさんは色々なお店のシフォンを召し上がったこともあるのでしょうか。
食べ比べとかもしたくなってきました。

ふーみんさんへ

そっそうだったのですねv-12
やっぱり半年も焼き続けてあのふっくらキメの細かいシフォンなんですね。
はい、私もこれからかなりシフォンを焼き込んで練習したいと思います。
アメリカの主婦がお菓子を焼く頻度は日本に比べて日常的な数値なのだそうで、だからこそ、感でちゃっちゃと焼いてしまえるのだそうですね。
失敗しても家庭で食べるものだから別に気にしないと言う面もありですから、、、、私の場合は少しでも失敗率を下げたいところです。
でも楽しみながら丁度良いところを探していきたいと思いました。
ふーみんさんの信じがたいくらいきれいなシフォンを目指したいと思ってます。

基本コース、面白かったです。
しおますさんが繰り返し通われるのも納得の3時間半でしたぁ~v-352

なんちゃんへ

えっv-405そう!
ヒントがいっぱいのってますか?!
それはまずいわ、お教室の内容はe-279ですから~e-330
なんてね。

 なんちゃんのシフォンが素晴らしいのは感もさることながら、やっぱり日夜研究し続ける努力の賜物なんだなと改めて納得、そして尊敬です。
私も頑張って納得できるまで焼くつもりですのでどうぞ、情報交換よろしくです。

20cmの手はずし、思いきって下まで、思いきって!ねi-236

お教室

 習いに行ってきたんですね。
+あ~+も行きたいです。。。
何度作っても焼き縮みが。。。
メレンゲ立てすぎもダメなんですか。
なかなか難しいですね。
メレンゲは、ネットでレシピ探してやってみても、あまり上手く出来ません。
文章に画像だけでは、わからないですもんね。
だから、+あ~+もメレンゲ作りを目で見たいんですよ。
メレンゲ使うものは、ほとんど失敗するので(iÅi*)

 これから、シフォンを沢山焼く予定なんですね。
楽しみにしてます♪

+あ~+ さんへ

メレンゲは固すぎでも柔らかくても駄目みたいで、、難しいです、はい。
一回これがベストというメレンゲをみてみるのもいいかもしれませんね。
みても結局その場ではわからないのだけど、色々やってみようという探究心が埋まれました。
+あ~+さんも、チャンスがあったら是非。楽しいお教室でしたよん。
行きたいとおもったら行き時ですから。

とっても有意義な時間を過ごされたんですね!

 ぴよこさん、私もレッスンは受けたことが有りますが、とても一回や二回じゃ習得出来ないですよね。それだけ奥が深いというか。メレンゲだって焼き面が割れる=メレンゲの立てすぎ....って本に書いてあるからそうなんだろうなァ~って思うくらいで、自分で作っていてもどの辺で止めるのがいいのか分からないんですよね~。私の場合、緩いとなんだかぼわ~っと膨らんじゃうし。

 たぶん、それはぴよこさんが書いていたように「合わせが足りない」せいだと思うけど、これもやりすぎるとかえって穴が開いちゃったりするし。

 ホントにシフォンって難しい。小沢先生のところ、近場だったら
毎週でも通いたいけどそれは無理だしィ~。

 東京近郊に住んでいる方がマジでうらやましです。

 でもシフォンって、どれが正解とかは無いと思うな~。ホントに作る人によって食感も違うし、味の濃さも違うし。水っぽくてモチモチしたのが好きな人もいるしねえ~(私はもちろん、小沢先生のとこのシフォンの食感が一番すきだよ)

 でもやっぱり焼き面の穏やかなシフォン=きめ細かいシフォンっていう事だけは分かるなあ。切ってみるとその関係はハッキリしているって実感するもん。
 

ぶ~にゃんさんへ

うん、うん、とっても有意義だったです。
はじめての教室が小沢先生のシフォン教室でよかったと、、

で、で、合わせ過ぎると穴あくんですか!
う、、知らないことがまだたくさんある。
とのかく私はシフォンもっと焼かなきゃだめみたいだということはわかりました。一昨日のリンゴi-264はすごくうまく行ったけど、さっき焼いてみた苺e-243はやばいかも。
やっぱりメレンゲの立て具合と泡締めがうまくいかなかったような気がします。

そして、
でもシフォンって、どれが正解とかは無いと思うな~。に同感です。
好みですよね。
色々な好みのある中で、私のシフォンを好きだといってくれるお友達のためにも、安定してもっとおいしいシフォンを食べてもらいたいのです。
シフォン道は険しく、まだまだつづくのだぁ~
あいこさん、これからもシフォン情報楽しみにしてます。