2007/10/12

カボチャのシフォン・今年の帽子

20071012220726.jpg

これ、ベトナム製の花型、
引っくり返して冷ますための足がついているのでシフォンケーキ型です。
シフォンケーキのプロが教えるスペシャルレシピ 小沢 のりこ著の中でも
使われていた変わった焼き型です。
日本では今まで見たことなかったです。

実はブログを通してお友達になったふたえさん(残念なことにブログは閉じてしまわれています)
からの思いがけない贈り物だったのですよ~
ベトナムへ旅行へ行った友人の友人に頼んで見つけてもらったのですって。
「シフォンをこよなく愛するお二人に」と、しおますさんと一緒にいただいちゃったのですが
かたやしおますさんはシフォラーですよ!
ちょっと私もいただいてしまってよかったですか??
でもとってもうれしく、31日の練習に
早速『カボチャのシフォン』を焼いてみましたよ。

この焼き型はシフォン型だと思うのですが、
普通はとれる底がとれないんです。
そこが問題!
果たしてきれいに型出しができるのか!
手出しをするしかないんですがしたことないって!

型の大きさから逆算して、だいたい20cmの分量で2台ぴったり焼けそうだと読みました。
で、17cmで焼き時間25分なので20分くらいで焼けるかなと
タイマーセットしましたが
もうちょっとな感じがしたのでもう5分延長して残り1分でオーブンから出しました。
焼成時間29分。
しおますさんも実は一足先に今朝記事にアップされていて、
ブリキ型はアルミより少し時間がかかるとされてましたね。
しおますさんの抹茶シフォンは30分、ほぼ同じなのでOKかな。
そして今回は焼き面がめっちゃいい感じ。
4時間くらいおいておいても焼き面が縮まない!!
それっていい徴候!ワクワク~

まずは手出しにチャレンジです。
と結果無惨なことに、、
20071012221026.jpg

えっ?そうでもないじゃないって?
いやいや~、
もう一台のほうは最初からシフォンナイフを使ってキコキコして、
底の部分は同じナイフを側面に差し込んで押し付けながら
底をはがしつつ一周。
最後はポコリと外れました。
それがこちら。
20071012221044.jpg

えーー、並べると一目瞭然でーす。

20071012220903.jpg

手出しが苦手なぴよこかも。ケホッ
カットは手出しの方のしかないのだけど
やっぱりいい感じに焼けてました。

20071012220843.jpg

皮ごと5mm角に刻んで入れた蒸しカボチャの周りの空洞は許容範囲内。
生地のキメも全体にほぼ均一で満足~。
そしてしっとりふわふわおいしい~
今回使用したカボチャは北海道積丹の”みさき”と言う品種で、甘くて
なめらかな感じでした。水分多めですね。
で、メレンゲをかなりしっかり立ててみました。
いつもは滑らかクリーミーなメレンゲを目指して
中速くらいでおそるおそる泡立てていましたが
今回は高速で分離する寸前くらいまで立てました。
しっかり立てると卵黄生地と最後に混ぜる時に
どうしても混ざりにくく残ってしまう気がしていましたが
なぜかここまでたてると泡がすんなりと混ざったのです。
なんでかな?
砂糖は90gはビートグラニュー糖、残りの20gは素精糖を使いました。

今回きれいに出せた方はちょっとリボンをかけて
プレゼントに変~身。
この型の大きさと形ってプレゼントにぴったりサイズな気がします。
31日にホールでいくつかご用意できたら喜ばれるのじゃないかな
と考えましたがどうでしょう。

20071012220956.jpg



このプレゼントを受け取ってくれたのは・・・
手作り友達のdunjumでーす。
彼女に今年も帽子をあつらえてもらったのでそのお礼に。
グループ展の時に並んでいて一目惚れ
売れ残ったら買おうなんて思っていたけどもちろん売れてしまって、、
新たに作ってもらったのがこれ20071012220937.jpg

MANGO(マンゴー)という形だそうです。
なんだか妙でしょ。
でも被るとこんな感じ。20071012221124.jpg
ねっねっ可愛い帽子でしょう。
今回のは内張がなんとハロウィンバージョンよ。
20071012220920.jpg


去年の今頃はじめて頼んだキャスケットはまだまだ現役でお気に入りだけど
今回のもめちゃ気に入ってます。本当にどうもありがとう。

どんどん縫い縫いの腕が上がっていくdunjum、
それにともなってどんどん忙しくなっちゃてるけど、
たまにはジャザで息抜きもどう?

dunjum、そしてふたえさん、本当にどうもありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おみごとぉ~!ハロウィンにピッタリ!

ぴよこさん、かぼちゃシフォン、上手いv-424
シフォンナイフ使用の型出しもさることながら、
シフォン生地全体のキメもホント細かくて
均一に焼けてて・・・焼き縮みがほとんどなくって、ステキ!
かぼちゃはぴよこさんの選択正解ですよ、
水分多目の素材の方がこのレシピに合うみたいv-271
かぼちゃも色々あるので、水分少なめのもので焼いたときは卵黄生地が固くていまいちでした。
31日、即完売間違いなしv-218

メレンゲね、私もそう思うのですが
よく泡立てて、しっかり泡締めしたほうが卵黄生地と混ぜやすいの。
ちょいと前にやったオリジナルレシピのメレンゲのとき実感。
↑のときは結構混ざりにくくてメレンゲの塊をなくするのに
大変・・・いつも小沢レシピで作っているから、
やっぱ小沢レシピのメレンゲの作り方はv-20ですね。

帽子もお似合いv-266とってもいいにゃんv-323

花形!

とっても素敵な贈り物ですね。
花形ってやはりかわいいですね。
女の子なら一回は焼いてみたい形ですね。

ボウシの形もすっごくすてき!
違う意味で実りの秋?ですかね?

すばらしいです

ぴよこさん、こんばんは!
早速型を使ってくださり、感謝です♪
しかも型出しお見事です・・・!!!!!
私なんか、お二人の足元にも及ばない撃沈ぶりでした。
型出しの修行をしないといけませんw
帽子、とってもかわいいですね^^
この写真はぴよこさんご自身ですか?
帽子以上にキュートです♪

花形♪

初めて見ました、花形。
すごい可愛いけど、確かに出すのは難しそう!
かぼちゃシフォン、フワフワ美味しそうです。
花形とこのかぼちゃの色が合いますね~

帽子、すごく素敵です☆
ハロウィンバージョンなんて被ってるだけでウキウキしそう~
そうそう、私も思った。写真はぴよこさん?
帽子メチャクチャ似合う&可愛さに一目惚れですわv-398

まいう~♪

と、ヒンシュクを買いそうなタイトルですが・・・汗
カボチャシフォン、めちゃうまでしたぁ・・・。細かくカットされたかぼちゃもちゃんと甘みが出てるし、いつもながらふわしゅわのスポンジ♪♪
ちゃんと御代を頂いてのMANGOなのに。。。。
感謝感謝です♪♪
花形ってのもとっても可愛くて、ちょうど年長のお友達も遊びに来てたから、あっという間になくなる勢いだったよぉ・・(^^)V 当日販売っていったら、予約殺到しちゃうかもよ!!

いつも素敵に紹介してくれてありがとね!! 去年の今頃、姐さんにキャスを作って、喜んでもらえたから、フリマとかの出店を考えるようになったんだよ!
本当に素敵なきっかけを作ってくれてありがとう♪♪
これからもよろしくねん!
ってジャザ、火曜も予定入っちゃった(--;) 木曜はあるんだっけ??

はじめまして

izumiさんのところから伺いました~。
すてきなケーキと、色々、試行錯誤の様子を記してくださっているので、
とっても、参考になります。お勉強させてください!
リンクいただきますね!
私も、シフォンケーキは、ファミーユレシピです。
美味しいですよね。

しおますさんへ

わー、早速見に来てくださってありがとーでーすv-411
カボチャの選択は、、去年のしおますさんとのやりとりを覚えてました。しおますさんがワタの近くの柔らかい部分を使うっておっしゃってましたよ。ホクホクカボチャだと、そうそう、羽が廻らない事態も、、経験済みでーす。

で、メレンゲね!
これ、新発見なの。
確かに本にはしっかり泡立ててから砂糖を加えていくって書いてあるけれど分離寸前のようになって来る気がしてこれじゃあだめっしょと今までは勝手に判断してました。
今回はしっかり立てて、それでもキメが細かくなるようなんとなく気を配りつつ、、さらに、手順を変えました。
羽を2セット用意して、先に卵黄生地をしっかりグルテン作って、
その次にメレンゲ。どうもいったん緩んでからの泡締めがうまくコツがつかめないので出来上がってまだいい状態のメレンゲをさらに泡締めして卵黄生地に混ぜていったんです。
久しぶりの焼き縮みのないいい感じの焼き上がりに大満足でした~
本当にうれしかった~
そこへ、しおますさんのコメント、<よく立ててしっかり泡締めがうまく混ざる>のお言葉。
これでよかったんだと後押ししてもらってもう一度今日確認と練習のために花形でりんごシフォンを焼きました。
やっぱり沈まないで焼けました。
リンゴが細かく入っているから型出しの方が不安ですがね。
でもこの小さな型ってもしかして焼きやすいのかな?
今度は20cmで確認焼きしてみますね。

で、今日もその感覚を

H+plusさんへ

そうなの、自分では絶対探そうとは思わなかった焼き型、
うれしかった~
しかもこの大きさがプレゼントにいいのi-178
形も変わっているから喜んでもらえそうかなって。
20cmの分量で2個焼けてしまうのも、1つは味見してもう一つをお使い物にというのも可能でーす。2つ一度にオーブンに入る大きさなのですよ~(天板には入らないですが熱周りをよくするために網で焼いているのでOK)

そしてこの帽子、可愛いでしょ。
きっとH+plusさんならご自分で作ってしまうのかな。
私は縫い縫いは苦手なのでほんとうれしいのです。

そうですね、ちがった意味での実りの秋、そのとおりですね。

ふたえさんへ

いいえ、ふたえさんの型出しが最大の難関という言葉があったからこそ心の準備をしてとりかかれましたゆえ、そのおかげなんですよ。
そしてやっぱり私には手出しは無理でした~
本当に可愛い焼き型どうもありがとうございましたi-228
なんだかシフォンをプレゼントする機会がグンと増えそうですよん。
ほんとうにありがとうございました。

そして
この写真はそうです、私でーす。
あのね、バックから日がはいっていたり横顔だったりですからね。
よーくみると頬にシミがぁーv-12

結さんへ

そうそう、カボチャの黄色とこの花形はきっと合うだろうなあと私も思いました♪
でもだいたい黄色か。
いやいや、ココアとかだともしかしたらやっぱりあまり合わないかもね。
底がとれないのがネックだけどそんなマイナス点がふっ飛んじゃうくいらい可愛いく焼き上がってびっくり。

結さんは帽子かぶりますか?
私は子供ができて外を歩くことが多くなったこの数年、欠かさずかぶるようになりました。普段から電車などのられるかたはあまり被りませんよね。髪型崩れるし!!
それにこの帽子、布選びもきっとセンスがいいのでしょうね。

で、写真、私ですけど、いやいや、日が後ろからあたっていてうまいこと写ってるんですよ~
結さんよりうーんと年上ですから、可愛いなんて言われたら照れますってv-402
でもうれしい、ありがとでした。

おいしそ~っ!

ぴよこさん~リンクありがとうございます!
嬉しい~v-238これからもよろしくお願いします。
ところでところでかぼちゃのシフォン臨場感あふれるブログ、ドキドキして読みました。型だしの所では、不器用な私には絶対無理って思いつつ(笑)
形も可愛い~二ついただいたというのも嬉しいですね。一個は味見用とかにできるし♪形も可愛い!
丁度、小沢先生のシフォンケーキのプロが教える、、、の本が県立図書館から取り寄せたよ~って近くの図書館から連絡があって見た所だったので、一緒の型だぁ!!!と興奮しましたv-10
そして帽子めっちゃ可愛い!&ぴよこさん素敵~v-238うーん前からのお姿も拝見したかったv-254お友達、本当にお上手ですね。裏地もかわいいなあv-237
ところで、ところで、ぴよこさんオーブン、何をお使いか伺ってもよかとですか?今、オーブン不信に陥ってて。
うーん買い換えたい。。。でもオーブンのせいじゃなく腕のせいのようなv-15

すごぉ~いっ!!!

ぴよこさ~ん!最高に美味しそうです♪
お花型のシフォンだなんてめっちゃ可愛いですね。
南瓜の色もいい色でまさしくハロウィン!って感じ
ですね!でも私なら当たり前だけど、こんなに型からキレイに出せませんよ。
ぴよこさんって女前~^^

帽子素敵ですね~。
見るのとかぶるのでまた違うんですね。
私帽子って似合わないからお洒落にかぶってるぴよこさん羨ましいわぁ。

dunjumへ

まいう~だった?!よかった~
そうか、ちょうどお友達が来ていたのならあの大きさはあっと言う間になくなったでしょう。当のdunjumは食べることができたのかなってちょっとよけいな心配しちゃったけど、小さなお客さん達が奪い合って食べてくれたというのもとってもうれしいよ。
カボチャシフォンも数有れど、あんな風に角切りカボチャがたっぷり入るレシピは小沢レシピ特有なの。
野菜探知機君はやっぱり食べれなかったかなあ。

キャスケットもまだまだ現役ですよ~
あれがきっかけで今のdunjumがあるならそのdunjumがいたから
今年初のグループ展ができました。
こちらこそ素敵な勇気をサンキュー。
こちらこそこれからもよろしく。
そしてジャザ、今週は木曜日、普通どおりあります!
よかったらご一緒に。

kotubutubuさんへ

コメント本当にうれしいでーす。
早速こちらもリンクはらせていただきました~
これから末永くよろしくお願いいたします。

ところで、私の試行錯誤は思いっきりひとりよがりというか思い込みが強い部分も有ると思いますので
もしなんか違うよ~ということがあったらどうか
正しい方向へおみちびくださいますようどうぞお願いしますね。

で、で、kotubutubuさんもシフォンは小沢(ファミーユ)レシピなのですか!わーい。
なんだかうれしいです。
どうして知ったんですか?
そのうちにシフォン談義もさせてくださいね。たのしみだ~

たろこさんへ

いいえ~
ドキドキしながら読んで下さってありがとうございました。
これからも臨場感を大切に文章を書いて行きたいです(なんちってi-236
そうなのです、型を2個いただいたおかげでプレゼント用にして味見ができるのでーす。これってうれしいですよね。

そしてなんと、同じレシピ本を早速借りられたとのこと、
まずは20cmホールサイズで使用する卵がたったの5個というのが衝撃的でしょ。
1パックで2台焼けるのですよ。
卵使い過ぎでしょの罪悪感を感じずにずみます。
あー、たろこさん、シフォン焼かれたらシフォン談義しましょうーねー。

で、で、オーブンですね。
我が家は借家で、なんとnathonalのガスオーブンが入居時から
ガス台の下部に作り付けでついていたんです。
なので結構大きい。
温度計は私も欲しいなと思うことも有るのですが、
基本的にはレシピの10度下でたいていうまく行っちゃってます。
ただし、余熱は20度上でかなり長い時間かけてしています。
たろこさんとこのオーブンは温度低そうですね。
お友達んの所は指定温度より20度上げて焼成してますね。

あちゃこさんへ

ケーキも帽子も誉めてもらって恐縮でーす。
帽子はやっぱり似合う形に出会うのが難しいアイテムなのかな。
お店だとなかなか、、、
多分dunjumとは幸い帽子の趣味が多分合っているんだと思います。
これって私にとってすごーくラッキーなこと。

だから多分あちゃこさんに似合う帽子、きっとどこかに有ると思うんだ。子育て中は特に太陽の下にいる時間が長いから似合う帽子が欲しいよね。