2006/11/07

大井川鉄道

ちょっと更新が滞っておりまして、お久しぶりです。
土日で久々のキャンプに行ってきました。

静岡県県境近く南アルプスを望む大井川流域、川根本町

大井川鉄道蒸気機関車に乗ろー

この大井川鉄道は観光路線で、SL急行アプト式列車に乗れるんです。
去年急に兄弟2人が「蒸気機関車に乗ってみたーい」と声を揃えて言い出して、
意見が一致するなんて珍しいねと連れて行ってあげたのが最初。
その時は大井川鉄道が企画している<ゆけむりパック>のような
鉄道と温泉宿がセットになっているツアーに申し込みましたが
大井川流域は実はとても自然が豊かなところ、
今年も行きたいというので
今回は機関車に乗ってなおかつキャンプも楽しんじゃおう!

夫は、まずは御前崎の海で早朝サーフィンをといきたいところでしたが
土曜日は全く波がない見通しだったので釣りをしていくことにしました。
夜中の2時頃家を出て、早朝まだ暗いうちに御前崎に到着。
最近kazukiが釣り大好きで、、、多分釣った魚を食べるのが好きなんだと思うのですが。
先週末には一色の堤防で小さなカワハギが釣れて、
お味噌汁にして食べました。20061107145322.jpg


でも御前崎ではフグしかつれなかったです。
夕食の鍋に釣った魚を入れる計画はここで変更を余儀なくされましたー

さて、キャンプ地へは御前崎から北上、二手に別れて向かいました。
私と子供達はアプト式列車に乗り、夫は車で来れる駅まで
迎えに来てくれます。
アプト式列車は日本では1か所しか走っていない歯車式登山列車です。
20061107161208.jpg


これで1日目のメインイベントは終了です。
キャンプ地八木キャンプ場へ到着。
なんだかとっても肌寒かったので早速子供達は初体験、たき火をしました。20061107173307.jpg

河原は落ち葉でいっぱい、葉山とはまた違った風情がなんだか新鮮です。

近くに温泉があったので一風呂浴びて、
その晩は途中のお店で買って来た材料でお鍋をして体を温めてテントでお休みなさ~い。

そして、、、続きも読んでね

翌朝です20061107185144.jpg

午前中は河原で釣り遊び。20061107185348.jpg

河原の石を引っくり返して虫(何かの幼虫)を見つけてそれをえさにします。

可愛い魚が釣れました。20061107190054.jpg

多分ニジマスなどの幼魚かなぁと、、、
小さいのですぐに逃がしましたが、2時間くらいで4匹釣れました。

さあ、今回のキャンプのメインイベント蒸気機関車の出発時刻が近付いてきた~
テントや寝袋を片付けて出発駅の千頭へ向かいます。
八木キャンプ場からはすぐですが、駅近くの千頭温泉でまたまた一風呂浴びて
腹ごしらえをしてからね。20061107195033.jpg

なんとここでメニュ-にあったニジマスの塩焼きを頼んだところ
季節的にちょうどなくって、代りに稚魚の唐揚げがあるとのことだったので
それを頼んでみました。
すると、出て来た魚さんは先ほど夫が釣ったのと同じくらいの大きさ!
なんだ、あれ、食べられたのね!
来年また来る時には油と小麦粉を持ってこなくっちゃね。

さあ、14時16分発の蒸気機関車が駅に入ってきました。20061107204137.jpg
何度見ても力強く蒸気を吐く姿は雄々しいです。
全席指定のSL急行,急行とはいっても時速40kmで大井川に沿って
約1時間15分、のんびり走ります。
途中で車掌さんがマイク越しに歌を披露したりして、レトロな車中はゆったりムード。
つかの間のタイムスリップ気分です。

当然駅弁もはずせません。
今年SL復活30周年ということで『記念弁当』20061107223245.jpg
そしてよくばりkazukiが選んだ『汽車べんとう』
20061107223354.jpg
お醤油入れがかわいい。
お弁当は1日目に新金谷駅で買っておいてアプト式列車車内でいただきました。

そして、東名高速で帰路につき、夜9時頃葉山へ帰って参りました。
翌日の子供達はいい子でしたねえ、、、、
きっととても満足していたんでしょう。

私はキャンプより民宿で<上げ膳据え膳>がいいわーーーなどと車中では
つぶやいていたりしたのですがこれが結構やっぱりいいもので、
なによりお金がかかっていな~い。
今年中にもう一回できたらいいなあと思っていたりして

大川鉄道のHPはこちらですhttp://www.oigawa-railway.co.jp/

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは。大井川鉄道ですか~v-405実はうちの旦那もJr.を連れていきたいと、9月に企画していたのです!SLとアプト式列車に乗る・・・そうそう、これこれ!!しかーし、1歳にも満たないチビ子を連れては無理だろうということで断念。その夢はしばらく見送ることになりましたv-390代わりに秩父鉄道の蒸気機関車に乗りに行って、帰りは荒川でやってるライン下りで帰ってきてましたよ。そこは旦那の実家から近いので実現できましたけど。もちろん私とチビ子はお留守番v-258
ぴよこさんのとこはいいですね~!家族でキャンプだなんて。子どもたちは自然に触れられるし、貴重な体験ができるし。うちでは考えられないことだわ。。。羨ましいv-344

うーちゃん、こんばんはe-357秋の夜長ですね。

おっと,今回の大井川鉄道はうーちゃん一家も行く計画をたてていたのですね。ごめんよーお先でしたっ
Jr.も電車好きだものねえ、秩父のSLはどんな感じですか?
静岡より近くっていいかしれないね。しかも荒川ライン下り,私が乗りたい,行ってみた~い。次回のキャンプ地は奥秩父もいいわね。

Jr.とチビ子ちゃんがもう少し大きくなったらもしかしたらキャンプもいいよ。家族旅行では宿泊代が占める割合もかなり大きいのでキャンプにすることで旅行に出かける回数が増やせるのがメリット1。メリット2は、今回感じたのだけど、子供達がお家にいる時よりお手伝いをするのよね。テント張りとかよろこんで競ってやってました。
近頃はキャンプ用具を有料だけどレンタルしてくれるキャンプ場もあるみたいよ。うーちゃんがやってみたいのだったら旦那さん説得できるといいね。

じっくりと読み、ほのぼのしました(^-^)
夫がこの記事を読んだら、うらやましがるかもぉ~(キャンプ好きなもんで♪)
私は、記念弁当のカラフルな‘エビ天の衣’とかわゆいお醤油入れに、目がくぎづけv-238
おまけに次のアップの「ブッセ」もイイワァ~ンv-274 ^m^

しおますさんへ おっはよーございますe-342

全部読んでくださってありがとうございました~
旦那様キャンプお好きなんですね!しおます家はどんなところへ行かれますか?我が家は夫がサーフィンをするので海でキャンプすることが多いのですが、子供は河原が好きです。
大きな石ころがゴロゴロしているそれだけで遊べちゃう子供って幸せ。
今回は乗り物あり、温泉あり、河原ありで楽しかったです。
こんなことできるのも子供が小さい内なのかもしれませんね。

そして、お弁当、なかなかいかしてますよね。
醤油入れ捨てて来てしまったのでちょっと後悔してます。

ブッセ、ブッセ~ v-341

キャンプいいね。我が家は、今年行けなかったなぁ。
今頃行って、寒くないの?
いつだったか、9月下旬に房総の方に行ったけれど、
朝晩が寒かったよ。
写真をみると、子供達の楽しい表情がいっぱいでてるね。

ぴよこさん、実はうち4月から一家揃って浜松なんですよ。
だんなだけ10月から単身浜松。
長男と私は行きたくなくって、余命5ヶ月の関西ライフを愛しんでおります。
大井川鉄道は浜松に行ったらは外せないわっ!と思っておりました。
あと、熱海、箱根はK市からよりは(渋滞がない分)行きやすいかな…と思っています。
また見所をお教えくださいませ。

それにしてもお子たち、むっちゃ成長していてびっくり!!

misyunさんへ  

寒かったよ~。
フリース着て焚き火してるでしょう、日が陰るととたんに冷え込みました。なので夕食はBBQではなくて自然とお鍋!
でも翌朝は川に入って遊んでたのよー

いつか一緒にキャンプしようね、なかなか実現しないのだけど(多分うちのせいね)
今年中にもう一度行きたいのだけど、そろそろスノーシーズンにシフト入れ替えしないとだめかな?

マツモト キヨシさんへ

そっそっそうなの?
マツモト キヨシ家はそれはもう大変極まりないけれど、こっちは少し近所(?)になるような気がしてうれしかったりしてます。

ところで大井川鉄道って有名なのね。私は去年ネットで調べるまで知りませんでした~。かなり無知かも、、、
とにかくアプト式沿線がいいですわ~
自然いっぱい、汚れていないです。
毎年恒例になりそうな感じなので、おーそうだ、日程を合わせれば向こうで会えるんでは、、、、ホホホ

あと、熱海や箱根はあんまり我が家は行かないかも、、
でも今回の度の帰り道,箱根を通って戻ってきたのですが
とっても風情があるし、遊ぶところのたくさんあるようで楽しそうでしたよ~

そういえば、アッキーはK市からこちらへ越して来た時のkazukiの年齢になりました!

大井川素敵だね~
RuiもShikiもHPを見ては蒸気機関車に乗りたい!って言ってたのだけど、小倉の鉄道記念館で、蒸気機関車(展示のみ)の汽笛を聞いて、Ruiはおお泣き(^^;)1年半前の話だから、今なら喜んで乗るかな~。
運転担当としては、+キャンプの食事つくりは勘弁して欲しいので、温泉宿つきパックが魅力的~
紅葉にはまだ早かったのかな??静岡在住期間もあったので、大井川鉄道のことは知っていたけど、行ったことないワ。それとなくちび’sに吹き込んでみようかな☆

dunjumへ コメント制覇サンキューですv-415

大井川鉄道、男の子をもつ母としては気になるよね。
特にお宅も電車すきだものね。
確かにお宿は楽でいいです。翌朝電車の時刻までの時間がちょっと手持ち無沙汰で近所をお散歩程度しかできないのが別によければ送迎してくれるしらくちん。

キャンプも河原で勝手に遊ぶからそういう点では楽だけど、確かに食事の準備と後片付け,テントの設営と撤収はみんなでできないとつらいかな、、、

i-266紅葉はもう少しってとこでした~

トラックバック

【アプト式】について

アプト式アプト式(Abt system)とは、ラック式鉄道の方式の一つ。アブト式ともいう。開発者カール・ロマン・アプト(:de:Carl Roman Abt 1850年|1850-1933年|1933)の名前に因む。「アプト」はドイツ語読み。日本の営業用路線ではこの方式によるラック式鉄道しか存在しな