2006/09/18

子産石

そろそろ歩くのも気持ちのいい季節になってきましたね。

昨日は敬老の日の3連休の真ん中、
朝からkazukiは虫を捕りに山へ行きたいと張り切っているので
4人で秋谷の方面へ歩きに行くことにしました。

山腹の細道を歩いたり、海岸線へ出てしばらく歩いては
まだ曲がったことのない住宅街への坂道を探索~
大人は
「この家かっこいいねえ!」
「ここ空き家だ」なんておしゃべりし、
子供達はあっちの庭先で緑色の縁取りのオサムシをつっつき、
あっちの畑でハンミョウを発見したりしながら
寄り道しいしい歩きました。

そして、偶然こんな場面に出会いました。
20060918120502.jpg

大きなカマキリセミを捕らえました!
セミは首の接合部分が弱いんですね。
しばらくジージーなきながらバタバタしていたのですが、
そのうちにその急所からむしゃむしゃ食べはじめられてしまいました。20060918121234.jpg


20060918120522.jpg
迫力です。


そして今回大発見がありました。
『子産石』を見つけました。
っていっても、秋谷の界隈にはあちらこちらにあるのかな?
海岸線のインドカレー屋さん<あっぷーがる>の横にある『子産石』
がその代表で指定文化財(?だったかしら?)に指定されてました。
こちらは帰りに気がついたの。
20060918122850.jpg
私達が最初に見つけたのは
山の方へ入った住宅地の中です。
子宝や安産の象徴としてまつられているそうで、
そういえば以前秋谷に住む友人が言ってました。
裏の山に『子産石』っていうのがあって、
その界隈に住む知り合いは本当に子だくさんで4人、5人子供がいるのは
当たり前だよ~って。これなのね
kazukiがお母さんたくさん撫でてってうるさかったのですが、
お母さんとお父さんはkazukiとアッキーだけで十分なのよ。

それにしてもこのような石、どうやってできたのか不思議です。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

子産石、そんなにご利益があるとは。
きっと触りたいだろう人もいますが、私もご遠慮申し上げます。

カマキリVSセミすごい!
カマキリといえば、
去年の10月ごろ緑地公園からみくりんが連れ帰ったカマキリは、
ベランダに卵産んで、6月ごろ赤ちゃんカマキリになってました。
夏にはそのなかのお間抜けな1匹が干していた布団についていたことも…

マツモト キヨシさま

そうねそうね、そんなご利益にあやかりたいと思っている人も大勢いるでしょう。軽々しく「もう充分」などとネット上にかきこんではいけませんでいたね。
反省。。。

赤ちゃんカマキリ生まれたの?
うちも生まれたよ。うちは卵をもって帰ってきたの。わ~~わ~~って出てくるからびっくりするけどちっちゃなかまきり君達の可愛いこと!そのうちの何匹が大人になれたのかしら。みくりんも身近な自然観察楽しんでいるのね!

いえいえ、そんなつもりで書き込んだのではないですから、
反省なんておっしゃらないでくださいな。
kazukiくんとアッキーくん(写真では?)が
なでなでしたから、
きっと神様が将来かわいいお孫ちゃんを授けてくれますよ!

こちらは昨日も今日も快晴です。

またおじゃまいたします♪

マツモト キヨシさんへ

おっはよ~
こちらも今日は快晴、昨日はアッキーの運動会でしたの。風が強めだけど晴れて無事に終わりました~
年少さんはとにかく可愛くって和ませてもらいました。みくりんのはいつかしら?

上の、コメントの件ね、実はブログで時々お邪魔させてもらっている方のところで気になるコメントを読ませてもらったところだったのです。それは、雑貨屋さんに小さな子供さんをつれてくるのはどうかと思うと言う記事に対してのコメントが<管理者のみに閲覧可能>になっていて私達は読めないのだけど、彼女はそれに対しての返事をきちんと書かれていて、、、
彼女はまだお子さんが欲しいけどういない方でね、きちんとあやまっていました。連れてこられる子供もかわいそうだし、周囲にも気を遣うだろうし、バーゲン会場には無理ではないかみたいな内容だったと思うけど、いろいろな状況の人がいて、連れて行かざるをえない状況も理解できずに自分の意見を書いたことをごめんなさいって。。。言論の自由という原則があるけれど、難しいね。
マツモトキヨシさんの書き方はその点とっても感心し、自分の記事を読んでよくないかもって気付かされたって次第です。

タイムリーだったの!

今日はkazukiが近所の中学校の児童参加種目に出場しに行きます。小学校に入ると俄然参加可能イベントが増えてkazukiも楽しそうです。