2015/07/21

捻挫癖について

実は、
猪苗代ハーフ後3日目に走った時に足首の捻挫をしました。

去年も戸隠後最初のジョグをした時に
なんでもない場所で捻りました。

原因はもちろん大会後のケアが足りていない+リカバリー期間がもっと必要です。
何で同じことを繰り返すのだろう。
本当に自分の学習能力のなさにがっくりというか、あきれてしまう。
でも、実は、理由はもう1つありました
いい加減ラン仲間にも恥ずかしくてまた捻挫したことを知られたくなかったけど、
でも、同じようなことで悩んでいる50歳前後のランナーもおられるかもしれないので。


10月のレースに向けて今やりたい練習があり、
そのため少しでも早く治したいので
時間ができ次第最近お世話になっている整形外科へ行こうと思っていました。
そんな時、yokoちゃんが金沢文庫にある下條さんがほんとにいいよと
すすめてくれました。
骨、腱、関節を本来ある場所にきちんと戻してから固定するため
治りが早いんだよって教えてくれました。
ネットで調べたら接骨院です。

整形外科へいこうか下條さんへ行こうかギリギリまで迷っていましたが、
家族に相談もして、
心配なら行ってみたらと言ってくれたので
行ってきました。





いや、もう、行ってよかったです、ほんとに。

診察ベットに深く座ると
脚がまっすぐ前へ延びて足首ブランの状態になりますよね。
先生見るなり
「こりゃあひどいね、わっはっは
「…」
「何度もやってるね」
「はい、、」
「みればわかるよこりゃあひどい、わっはっは、わっはっは

「両方とももう靭帯が開いてしまっていているんだよ。」
「このままほっとくと走れなくなるよ。」
「ある日急に鋭い痛みが来て、その後一歩も歩けなくなるんだよ。
この間そういう患者さんを大学病院へ送ったけどね
術後歩けるようになるまで1ヶ月松葉杖だったねえ」
「ええええっ!
私の足首はそんなにひどいんですか?近いうち走れなくなるんですか?」
「今スグではないよ、でも加減しないとだめだねえ。」

色々お話してくださったのですが、
どうも何度も捻挫を繰り返すと
靭帯が伸びたままになってしまい、
そうすると内くるぶし側は狭まったままなわけで、そうすると
稼働するたびに当たる場所が出て、軟骨がすり減る、
擦れた軟骨は逃げ場がないわけでそこここにちらばっているわけ。
そいう削りかすがあるとき関節可動域にはまり、つっかえ棒になってしまい、
関節がロックされてしまうことがおきるのだそうで、
そしたら歩けなくなるし、その骨片を取り除かねばならないしで手術です。
こんなようなことをおっしゃっていたかと、、、

「とりあえず、直してみるかね」

「ちょっと音がすると思うけど痛くないからね

パキポキ
のびのびのび
クキッ

ちょっとどきどきしたけど確かに痛みはない。
「ハイみてみて」


「えええええっ
足首細いんですけど、え~~~
今まで足首なんか太いなあって思ってたんですよっっ」

広がってしまっている足首外の靭帯を縮めると
内側の狭まっている場所が広がり足首関節はもとの位置に戻ります。
今その状態に戻ったということ。
あの時先生はきっと、足首の太さとかではなく、
まっすぐになったってことに気が付いてほしかったのだと後できがつきました


これはさきほど撮ったものです。
IMG_0652.jpg


施術前の画像はないですが、
IMG_0652 - コピー
足首はこんな風に両方とも内側に入っていました。
これが普通だと思っていました。

「今まで走ってても調子悪かったでしょう」とは先生。

調子悪いって言ったってなんだって、これが普通になってしまっていたからわかりませんが、
昨日おとといと歩いている時、
脚がすっすっと前に自然に出る感覚が楽しく手楽しくて。

ああ、早く走ってみたい。


ということで、
整形外科、柔術整体師の先生それぞれに診療に特徴があられます。
こちらも経験からわかってくることもあるし、
こういう時にはどっちの先生へなど
考える必要があるのだなと思います。
特に、加齢による身体的機能の劣化が加わってくる私のような年代の人や
同じ故障を繰り返してしまう人は特に。
トレランを初めて4年の間に
私は両方の足首を合わせて5回以上捻挫していると思います。
私の足はO脚気味なので、捻挫しやすい骨格でもあるみたいです。

・足首まわりの筋肉を鍛える
・トレイルを走る時にはテーピングをちゃんとする
・立ちっぱなしの職業なので走る前はきちんとほぐして
 関節の可動域を確保してから走ること超大事
・走ったあとは最低30分かけて手入れをすること超大事



行ってよかったです。
内側に足首がすでにまがっている状態だったのですから
それはすぐにひねりますね。



yokoちゃん、ありがとう。

ただ、下條さん超変わった接骨院です。
受付もいなくて全てを先生一人だからすごく時間かかるとか、
土曜日は11時からだったよとか。
最後の方はどちらさまですかとまず声をかけ、自分はその人の次と
憶えておく決まりがあるとか。











スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ぉう、捻挫。
ぴよこさん何度目かなんですね~
癖になるとかいうけど、開いてしまっているって初めて聞いた!
てか初めて知った!
自分は足首が柔らかいらしく、グキッ!となっても平気なんだけど・・・、それも加齢と共にイタタタ…になったりするかもね。。。

先生凄いゴッドハンドー。
ぴよこさんの症状と相性が良かったってことでしょうか。
その、その・・「最後の方」声かけるシステムはかなりカオスっi-237

結さんへ

何度も何度もやってる。
もうさ、また捻挫したって言うのが恥ずかしいくらい。
結さん、バスケも捻挫しやすいんじゃなあい?
でも柔らかいんだねウッキッキ
私も山走ってて、よくグニャってするのだよね。すると、後ろ走ってる友達が、こういうわけ、「ピヨコさんの足首って柔らかいよね」
ほら!ほら!結さんの足首も大丈夫?
先生が私の足首を触ったり施術している時、「だいぶ痛みに慣れちゃってるね」とつぶやいてたのだ。
関節が柔らかくてグキってなっても捻ってはいない状態を保てているんならオーライv-218
でも、ちょっとでもゆがみや曲りがあったり、なんか左右が同じような気がしないとか違和感があったら見てもらったらいいと思うよ。

先生は、なんだか触っただけ、見ただけで色々わかるみたいなんだよね。そこで骨折や断裂の可能性などがあれば整形へ回してくれるんだろうし、、、初診をお願いする先生として信頼できる気がしました。