2015/05/25

ドクダミ茶・HSP(ヒートショックプロテイン)って?

IMG_0433.jpg

庭がドクダミで一杯になったので
ドクダミ茶をこしらえてみようと思って
数束干してみてます。
数束くらいじゃ庭は変化なしですが、
ドクダミ茶はかなり癖があるらしいので
まあ、これくらいで。
ちゃんとできるかな?
できたら店でお出しします
いらんって?


                     



昨日の日曜日の日経新聞
『三浦豪太さんの探検学校』です。
IMG_0434.jpg
(クリックすると画像大きくなります)

書かれていることを抜粋すると

HSP (ヒートショックプロテイン)
<熱、紫外線、低酸素、精神的ストレスなどによって誘発された
ストレスで傷つけられた細胞を保護する効果のあるタンパク質>

人体は水分を除けば、多くはタンパク質でできている。
筋肉のみならず、体の代謝をつかさどる酵素もタンパク質。
健康なたんぱく質がその人の健康を支えると言っても過言ではない。

HSPは、障害を受けたタンパク質の異常を修復
修復不可能なタンパク質を分解に導く
ナチュラルキラー細胞の活性を高める
凄い機能を持ったタンパク質なのです。

このHSPは、40-42度の温湯で20-10分入浴し、
体温が38度に近づくと発現する。
入浴2日後をピークに1~3日間高い値が得られる。

          

つまり、
事前にストレスがかかるとわかっているレースの二日前から
HSPを体内で増やしておくことが肉体的ストレス軽減、回復を早める効果を
期待できるということ。

いや、毎日お風呂に入ってるって人はそれでオッケーじゃんね。
でも、温度と時間が大事そう。
烏の行水ではだめですね。
長風呂はどうなんでしょう。

岩盤浴にも、
血液中の酸素量を増やす効果がある石があって
いつもそこは必ず入るんだけど、
こりゃあ、
レースの二日前には岩盤浴とサウナと温泉セットで決まりだわさ
今度やってみよっと。

さぁ、次のレースもそろそろ探そう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント