2014/02/04

栄養通信4 ~ミカンの皮の入浴剤~

予報通り寒ーーーい。
葉山でもこれから雪になるのかな。


こんな寒い日のお風呂は入浴剤を入れて、
体の芯からゆっくり温まりたいですね~ 


久しぶりの栄養通信は、昔ながらミカン風呂の薦めです


入浴剤って、市販のものだと湯の花を除けば
たいていは化学物質でできていると思います。
それらの化学物質が、実は
汗腺や毛穴を通じて体内にとり込まれているかもぉぉぉ


日本の昔ながらの優秀な天然由来100%の入浴剤はいかが?


ミカンの皮の天然入浴剤

温州ミカンの皮をカラカラに乾くまで干しておく。
使う時は、中鍋に熱湯を沸かし、
沸騰して100度に達してから乾かしたミカンの皮をがばっと二握りほど入れてふやかす。
ふやけたら、養分の出たお湯をお風呂に入れる。


Oh! very easy ね

本当にものすごく温まって、その温かさがお布団に入るまで冷めません。
今日の今日には作ることはできないけれど、
試してみてはいかがでしょうか

P1010057.jpg

みかんの皮にはビタミンCとクエン酸がものすごくたくさん含まれています。
お家のお風呂が美肌の湯に
リモネンによって、肌が敏感な方は少しピリピリっとするかもしれませんが、
(うちの長男はピリピリするって言いますねん)
これらの成分により、保温、アレルギー症状の緩和、血行促進、リフレッシュなど
さまざまな効果が期待できます。
すごい~


追記
使用するミカンは表皮に農薬が残っていない、ワックスをかけていない等の
安全なものをね



乾燥させたミカンの皮は、他にも素敵な利用法があるみたい。
   
http://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/grandma/201012.html
すごすぎでーす。
ミカン茶やってみよ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント