2014/01/09

ツールド上田、そして葉山駅伝へ向けて

1/26(日)は、葉山町民駅伝です。
実は去年は出られませんでした。


今年は出れます
P1010044.jpg
我がteam GOMA(チームゴマ)、一般女子にエントリ―。
ときわチャレンジャーは子供が所属している子ども会でメンバーを募って
できたファミリーチームです。
私が毎年チーム監督を申し出て結成してます。
今年は中学生2名が大人として一緒に走ってくれます。
うれしいです。
我がチームも一緒に練習させてもらって刺激入れてもらいます。

一般女子にエントリーしている他のチームがどうも今年はレベルが高そうな気がしてます。
私はおととしの自分のタイムを超えたい。
おととしの自分に勝つのが目標です。


年末、駅伝練習にもトレイルにもランニングそのものに
どうしても心が入りませんでした。
速くなんてなれない。
走りなんて変わらない。
焦燥感。
挫折感。。。

その気持ちに火をつけてくれたのが
年の瀬も押し迫った12/29に参加した『ツールド上田』でした。

松本大さんプロデュース、
長野県上田市の里山4つをつないだ
距離40キロ、累積標高差3000mのコースを制限時間内に走る企画でした。

早朝の新幹線で上田駅へ入り、
駅前を8時半出発、16時半までにゴール地点へ到着しなければなりません。


これがきつかった。
走り込み不足と体重オーバー気味のおばさんにはほんとにきつくって、
最初の太郎山で足が終わり、しかも最初っから最後尾に近い。
太郎山の上はスノートレイル。
一応まだまだ元気な顔して自分撮りしているけど、、、、
P1010015.jpg
P1010014.jpg

実はこの企画は、JSTというトレランチームの合宿のメニューの一環でもあったわけで、
一般参加者もいたのですが、全体にレベルが高しっっ

第1セクション終了が既定の時間に間に合わず、第2セクションはロードで迂回。
迂回したのに時間ぎりぎりで第3セクションもロードコースへ。
第4セクションへは1時間の余裕をもって到着できたので
最後は山へ。
P1010018.jpg
16時半のゴールに向けて、
何とか山頂へ15時15時半頃だったかな、に着き、辺りはすでに夕方の雰囲気で、あせって駆け下りる。
最後は同じく個人で参加していた同年代の女性とろうあ者の青年と一緒にゴール~~~

4つの山のうち2つしか登れなかったこと、
ロードさえも途中で歩いてしまい、
どうにもこうにもならなかったこと、
本当に悔しくて。

このレースは、制限時間を伸ばして4/6に本レースが開催されるようですよ~。
かなりきついですよ~




そして、この翌日から火が付いたよ!!
ほんとうに情けなくて、帰りの電車の中ではものすごく落ち込んだけれど、
次の日から気持ちが入りました。
葉山のトレイルを長い時間歩いたり、
8キロほどを今までより少し速いペースで頑張って走ってみたり、
駅伝の練習に追い抜きダッシュ走してみたり。
色々なバリエーションで日々走るということ。
故障しないで走るということ。


駅伝ですぐに成果が出るはずはないけれど、
今年は大会にもほとんど出ることはないと思うけど
変わりたいなと思ってます。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ぴよこさんが大変だったなんて
レベル相当高いんだね!

ぴよこさんスタイルのversionUP
楽しみに&私も励みにしているよ。

駅伝も入賞で〜笑

みわっちへ

いやいや、、女子のトップランカーの一人長谷川香奈子さんが全4山を走って3時半ゴールくらいなコースなので、私が全部走破できるわけがなかったのです、はい(ショボン)上田の里山、相当レベル高かったです。大山2つに大楠山2つくらいだったのかも(汗)

またシーズンが終わったら一緒に山へ行こうね。

駅伝は入賞は特に考えずに、ベストを尽くしますよ。
練習と体重管理は真剣勝負で頑張ってみますわ。

みわっちもあと2週間、きっと勝田でサブ4とれるんじゃないかなと思ってるよ、それだけの練習してると思うし。楽しみだね。

トラックバック

ケノーベルからリンクのご案内(2014/01/10 09:21)

上田市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。