2008/02/28

苺ミルクのパウンドケーキ・マクロビオティック

生活クラブのジャム用いちごが届いたのでとろとろ苺ジャムをつくりました。

まず苺に素精糖をまぶして半日置き、
さっと火を通して苺は一旦取り出し、
残ったシロップにレモン汁を加えて煮詰めて最後に苺を戻して一煮立ちさせておわりという
サラッとした苺がフレッシュにだいぶ近い感じのジャムです。
ヨーグルトに入れて食べると美味しいです。

これを使って去年作って美味しかった苺ミルクのパウンドケーキ
また今年も作ってみました。

焼く前


冷凍庫にあったクランブル2種類と新しく作ったのと混ぜてえいやっとばかりにたっぷりと
のせました。

焼き上がり


今回はすり混ぜがとってもうまく行って、ふっくら焼き上がりました。
う・れ・し・いぃ~
バターケーキ、普段はなかなかうまく行かないのですよね。

焼きたてに苺ミルク(練乳)をとろとろ~とかけて冷ましました。

2日我慢してカットしたところです。

いちごパウンドカット


去年のはクランブルの間につるぴかりんと練乳がかたまって美味しそうだったのだけど、
今回はなんだかみんなしみ込んでしまいました。
が、そこがサクサクになっていてこれはこれで美味しいですね~
去年はブラウンシュガーを使ってますが
今回は素精糖。
生地にはとろとろの苺シロップも混ぜ込んだので
こころなしか甘酢っぱいですわ。
苺はちゃーんと苺の味が残っています。

生地のお砂糖もしっかりカトルカールの配合だし、
シロップもはいっちゃってるし、クランブルも甘いし、
でおまけに練乳まで入っちゃってる、すご甘のパウンドケーキだけど、
素精糖の甘さそして混ざりっけのないパウンドケーキは
不思議とそんなにしつこく感じません。
パウンドケーキは私はしっとり甘いのを少しづついただくのが好きかも。


このパウンドは、我が家で昨日に開催予定だった<ビーズ&お茶会>のために焼いておいたものなのですが、
前日に熱を出してしまって生菓子が用意できず、
急遽mireiblueのお宅でビーズ教室のみの開催に変更、
この苺ミルクパウンドミルキ-パインココバーをお土産にもって帰ってもらいました。
お茶会ができなくて私も残念でした。(というかごめんなさい)


                     

全然話はかわりますが、
幼稚園のママ友達が生活クラブの子育てエッコロ広場”ままぷりえ”を最近立ち上げました。
中心メンバーの数名はお子さんがアレルギーで、食に関してとても関心が高く、
私も誘ってもらったのでメンバーになってます。

一回目のミーティングには参加できなかったのですが、
今回、マクロビオティックの世界では有名で、最近富みに多忙だという
富川シェフに直接お料理教室をしてもらえる機会を設けることができたので
是非にと誘ってもらったのでいそいそと行ってきました。
もともとマクロに精通したメンバーさんの紹介だということで、
かなりラッキーなんだそうです!

とにかくマクロビオティックの基本的なお惣菜であるごぼうのきんぴら
玄米の美味しい炊き方を教わりました。


以下、少々お硬い内容かもしれませんが「マクロビって?」とちょっとでも
興味のある方、読んでみてくださいまし~

スポンサーサイト

続きを読む