2015/02/18

スコーンアラカルト

今日の最高気温は東京で5度
午後から雪の予報。

朝の葉山はまだ雨は降っていなかったけれど、
雪国のような空の色が素敵でした。


P1120888.jpg

台所の窓から見える景色が好き。

P1120887.jpg

山肌の家並みがちょっぴりメルヘンでヨーロッパのような気がして、、、


んなことないか


今日はずっと長いこと借りっぱなしだったDVDをお返しするのに
どうしても一緒に差し上げたかったスコーンアラカルトをやっと用意できたので
お渡ししてきました。

P1120890.jpg
左から、

冷蔵発酵4日目か5日目になる 酒粕&茹で黒豆

冷蔵発酵3日目のバナナ&ロールドオーツ&ピーナッツバター

生地は昨日作ったばかりのパセリ&エダムチーズ&コーングリッツ

同じくのクランベリー&アーモンド&ヨーグルト

スコーンがお好きで、
店でカレースコーンを作ると買いに来てくださってました。
家族のこと、子供たちのこと、食べ物のこと、携帯やSNSに関すること。
時々しか逢えないのだけど、
会えばそんなことを話て長くなっちゃう。
私より10も若いママだけど
とっても気が合う気がしています。

渡せてよかった。
どれを気に入ってくれるかな。

私はね、
酒粕&茹で黒豆。
たまりません

P1120892.jpg





日曜日に鉄ランに出たのち今日まで3日間ランオフ。
疲労がたまっている気がするのと、
風邪をひきかけている感覚があるのとで
思い切りました。
思い切って休んだあとは、全力で走るのみ。

明日は俊足香織ちゃんと早朝に40分走の約束をした。
キロ4’50で8キロの設定。
走れるかな。

もし走れなくても落ち込まないこと。
来週もう一回チャレンジできる。
今は気持ちを上げていくことも大事な時。
自分に言い聞かせて。

ただの練習なのに
緊張する。




これから夕食準備前に、明日お渡しの
生活リハビリクラブさんから依頼されたバースデーケーキを仕込んできま~す。
ファミチョコがあまりに好評だったので、
おんなじケーキをば
スポンサーサイト
2015/02/13

冷蔵発酵スコーン(酒粕黒豆)

この間のプレーンスコーンとパセリチーズスコーンを食べ終わったので
別の味で配合を変えて作ってみました。
(プレーンって言ってましたけど、酒粕が冷蔵庫にあったので

わたすぃのおやつ~


無添加酒粕と、茹で黒豆

砂糖15g → 10g
ドライイースト6g
塩2g
バター70g → 60g

粉は全量で150gなので、10gだと6.6%

P1120868.jpg
今回は3角形にカットしてみた。

P1120870.jpg

バターを14%減らしましたが全く食感に問題なし。
70gだと私は少しバター風味が強い感じがしたので
むしろ60gの方が好みです。
十分にしっとり~うっとり~

この分量の砂糖ならほぼイースト君のお食事分なんじゃないかな。
それでもスコーンは十分な甘みを持っています。
甘くない黒豆が、良いアクセントになってます。

酒粕の風味が焼いている最中からかぐわしい。


いいかも~

2015/02/10

冷蔵発酵スコーン経過報告

P1120856.jpg
P1120857.jpg

これ、冷蔵発酵2日目のプレーンスコーンです。

見た目は全く変わらないです。
今日も3日目のを1切れずつ焼きましたが、
見た目全く変化なし。

が!

焼き上がりは違った。
特に今日は全然違った。

とにかくふんわり柔らかい。

そして、

最初きついと思った塩味が抑えられておりました。
いやあ、どんどン味が美味しくなってる。
でも、食感は、私は初日が好きだなあははは。

次はどんな味のを焼こうかなあ。
プレーンを極めようっかな。やっぱ美味しい、プレーン~



                                


   
ニュ―シューズ、今日履いてみた。
まず、犬の散歩、歩きで。
軽いし、特に当たる箇所もなくよさそうだからいざ履いて走ってみた。
したらば、、、
ちょっと足をグネリました
すぐに戻ってアイシングして、
午後今までのランシューで走り直しました。
レース前に靴変えちゃいかんってね

レースは今まで履いてたシューズで走ります。
HOKAちゃんはちょっとお預け。
2015/02/08

冷蔵発酵のスコーン

図書館で

「ギャーギャー、これだぁ」なレシピ本発見

少しのイーストで冷蔵発酵させるスコーンです。

私のお砂糖なしのおやつ~

早速つくってみたし。

前夜作って置いて、冷蔵庫内に放置。
P1120851.jpg

最低8時間後に焼成。
P1120852.jpg

砂糖はイーストさんの栄養分+αかな


まずはプレーン。
中は驚きにしっとり、外は脅威のカリカリ。
P1120853.jpg
きょえ~
うまし。

これは、パセリ&エダムチーズだし。
P1120855.jpg

両方ともちょっと塩味が強かった気がしたので
へらしてみるなり。
甘さもものすごく感じる。
粉150gに対して15gの砂糖ですが、
もう少し減らしても大丈夫かな。
(参考:食パンで4-6%)

試してみます。
マジで美味しいんですけど、イーストスコーン。

このまま5日間冷蔵可、毎日食感や味が変化していくそうなので
ちょっと毎日楽しみよ。



お砂糖極力摂らない生活進行中。
体調よし
2015/02/05

蒸しパン②~お砂糖を抜く

今日は冷たい雨。
ランオフ。

昨日もランオフ。
2日間走らない日が続くと気持ちは焦ってしまう。
おとといの100分走が設定タイムに届かなかったからなおさら。
ここで、マイナス思考に斜線を引いて、プラス思考に書き変えられるかどうかが大事。
なんですよね。


色々とガタがきている足をしっかり養生して、
明日全力で頑張ればいい。


                            

昨日は2月8日(日)に開催する町子連のハイクラリー
2回目の下見をしてきました。

3時間山の中を歩き続けて疲れたので、
どうしても甘いものが食べたくなってしまった。。。
ご飯をもっと食べたらよいことなんだけど、
お菓子って形のものが食べたい気がしちゃうんだなあ

煮ることによって甘味が増す果物を使った
砂糖を使わないお菓子研究中~

どうして砂糖を使わないか。。

・砂糖は分解消化するまでにたくさんの酵素やビタミン群を使ってしまうから。

運動して、食事にもある程度気を付けているのにいつも風邪をひく私。
たぶんお菓子を食べ過ぎてせっかく摂取した栄養素がちゃんと体内で働いていなかった。
激しい運動をしている期間こそ自己免疫力と回復力を強めたいから。 

それと、脳と体は、炭水化物を分解して作られるブドウ糖で動く。
しっかり3食ご飯(炭水化物)を摂ることで充足するらしい!!

・副食やおやつに砂糖を使うとエネルギー過多にもなるってこと。

甘くて美味しいお砂糖のおやつも心の栄養だからたま~には食べてもいいと思うんですが、
今は食べちゃダメだなって思ってます。
体重も落としたいし。

おやつをしばらく強制的にやめてみると
今まで一日のうちにかなりの回数ちょこちょこ甘いものを口に運んでいたことに気が付きました。
健康的と言う和食でも、煮ものには砂糖をかなり加えていた。
ダシでうまみを足しながらじっくりゆっくり加熱することで
砂糖を使わないで自然の甘味を引き出すことができます。

ちょっとこの一ヶ月、続けてみるつもり。

P1120838.jpg
これね、酒粕蒸しパンのレシピで砂糖を抜いた生地を作って
そこにさっと煮たミカンを混ぜてます。

P1120839.jpg
ぱっくり口が割れておいしそうな蒸しパンになったじゃ~ん。

P1120840.jpg
ジュースぃー


けど、、
生地が全く甘くなくて、みかんは爽やかで美味しいんだけど、
言ってみたら、プラマイゼロな味って感じ
残念。


体に悪くないといったって、美味しくなくっちゃ栄養にならない!!
まだまだ。
発酵させるパン生地を使ってみるかなあ。





2014/12/28

我が家の今年のクリスマスケーキ

P1120758.jpg

食べかけではありますが、、、、
今年の我が家のクリスマスケーキ

うっふっふ~

これ、ただのショートケーキでないのだ


病気にならない体作りのための栄養学で教わった、砂糖を使わないケーキです。

24日に教わって、25日に家で作ってみて、
その晩に食べた時、
子供たちの声といえば、

「甘くない、小麦粉食べてるみたい、ダイエットのためのケーキって感じ」

でした


上の画像は今日、28日のものなので、3日経ったものです。
このケーキは、3-4日経ったくらいが一番おいしいといわれたんですが、

ほんとにそうでしたっっ

最初は味がしない!!と思ったこのケーキ、
翌日、翌々日になると、苺とクリームの味がケーキになじみ、
断然美味しくなっているのです。
マジック~

しかも、お砂糖0なので、
食べていて罪悪感が全くない。
これってすごくない?

甘味は実は少し加えてあります。
米が原料の発酵食品である甘酒
P1120752.jpg
ケーキを教わったのが24日だったので、
作っている時間がなく、自然食料品店で購入しました。
甘酒は米から作る発酵食品で、炭水化物が変化したブドウ糖が甘さの成分です。
これを利用しています。
スポンジと生クリームに加えて、後は苺の甘さと香りがプラスされます。

もち米で作る甘酒はとっても甘いと聞いたので
近々自家製に挑戦します。


P1120757.jpg


なんだかすごい、ワクワクする=